2019.04.18

ユヴェントス相手に決勝弾! アヤックス主将のマタイス・デ・リフトってどんな選手?

デ・リフト
19歳ながらアヤックスの主将を務めるデ・リフト [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 イタリア王者の夢を打ち砕いたのは、19歳の若きキャプテンだった。

 16日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグで、ユヴェントスアヤックスと対戦。敵地でのファーストレグを1-1で終え、さらにこの試合で先制点を奪ったが、34分と67分に立て続けに失点し、1-2の逆転負けを喫した。

 23年ぶりの欧州制覇を阻んだのは、アヤックスの主将マタイス・デ・リフト。名門クラブで腕章を巻く若きセンターバックは、味方のCKに頭で合わせ、ベスト4進出を手繰り寄せる逆転ゴールを叩きこんだ。

 アヤックスと言えば、今夏のバルセロナ加入が内定しているフレンキー・デ・ヨングを筆頭に若きタレントが揃っているが、デ・リフトも移籍市場における注目銘柄の一人。バルセロナを筆頭に、ユヴェントスバイエルンなどが獲得を狙っているという。

 そこで今回は、「若手No.1センターバック」との呼び声が高い同選手について、基本情報をおさらいしよう。

写真=Getty Images

▼前回ベスト4進出時には生まれていなかった

デ・リフト

デビュー当時のデ・リフト(写真は2016年11月のもの)

デ・リフトは1999年8月12日生まれの19歳。アヤックスが前回CLベスト4に進出した1997年には、まだこの世に誕生していなかった。オランダは南ホラント州ライデルドルプで生まれると、9歳でアヤックスの下部組織に入団。とはいえ、クラブは当初、デ・リフトの獲得を疑問視していたという。理由は「あまりにスピードがなく、シャープさに欠けていた」から。しかしある時、タッチライン近くで息子のプレーを見ていた父親のスレンダーな体型を見て、スカウトが将来的に問題ないことを確信。その眼に狂いはなく、2016年9月に若干16歳でトップチームデビューを果たした。

▼最年少記録を次々に更新

デ・リフト

トップチームデビュー以降、“最年少記録”を次々に更新する。2016-17シーズンのヨーロッパリーグ決勝では、17歳285日でスタメン出場。前身のUEFAカップ時代を含め、決勝における最年少出場記録を樹立した。さらに2018年3月には、クラブ史上最年少でキャプテンを担当。今季もCL決勝トーナメント1回戦のレアル・マドリード戦で腕章を巻いてプレーし、決勝ラウンドに出場した最年少キャプテン(19歳186日)となった。なお、ユヴェントス戦で挙げた決勝ゴールも記録に残る一発だった。1996年5月以降のCL決勝ラウンドで得点を記録した、最も若いオランダ人選手となったのだ(19歳246日)。

▼17歳でA代表デビュー

デ・リフト

17歳でA代表デビューを飾ったデ・リフト

19歳で名門クラブのキャプテンを任されていることも凄いが、2年前には17歳にしてA代表デビューを飾っている。2017年3月に代表初招集を受けると、同月25日に行われたブルガリア代表とのW杯予選で初出場。17歳225日での代表デビューは、1931年以降でのオランダ最年少記録だった。ちなみに、デ・リフトを大抜擢したのはダニー・ブリント氏。現在、アヤックスでセンターバックコンビを形成するデイリー・ブリントの父親だ。ただし、この賭けは裏目に出て、デ・リフトは自身のミスから2つの失点を献上。0-2で敗れたあと、ブリント氏は解任の憂き目にあった。

▼プレースタイルはピケ似!?

デ・リフト、ピケ

(左)デ・リフトと(右)ピケ

アヤックスOBで、現在はクラブCEOを務めるエドウィン・ファン・デル・サール氏の言葉を借りれば、デ・リフトは「両足も使いこなし、極めて優れたパスレンジを持っている。ヘディングもできるしゴールも決められるDF」。いわゆる現代型のセンターバックだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、昨季はエールディヴィジで90.4%のパス成功率を記録。DFで唯一の90%超えを達成した。また、ユヴェントス戦の決勝点はもちろんのこと、アヤックスのトップチームデビュー戦でいきなり初ゴールを挙げるなど得点力も備えている。デ・リフト本人はあるインタビューで、「自分は少し(ジェラール)ピケに似ている」と、バルセロナの元スペイン代表と特徴が似ていることを認めている。

▼DFとして初の偉業を達成

昨年12月には、イタリア紙『トゥットスポルト』が主催する「ゴールデンボーイ賞」を受賞。同賞は、ヨーロッパでプレーする最も活躍した21歳以下の選手に贈られるもので、各国ジャーナリストの投票によって2018年度の受賞者となった。なお、元オランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールトやアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、またフランス代表FWキリアン・ムバッペら、2003年の設立以降、受賞者はすべてMFかFWの選手だった。デ・リフトはDFの選手として初めての栄冠に輝いた。

▼“1999年生まれ”で最も高額な選手

デ・リフト

移籍情報サイト『Transfermarkt』は選手の市場価格を独自に算出しており、デ・リフトには7000万ユーロ(約89億円)の値がついている。これは“1999年生まれの選手”としては単独トップ。レヴァークーゼンのドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(6500万ユーロ:約82億円)やローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(4000万ユーロ:約51億円)を上回り、同年代で最も高額な選手との評価を受けている。なおDFとしては、レアル・マドリードのフランス代表DFラファエル・ヴァラン(8000万ユーロ:約101億円)、リヴァプールのオランダ代表フィルジル・ファン・ダイク(7500万ユーロ:約95億円)に次いで、3番目に市場価値が高い選手となっている。

▼「30歳の選手のよう」

デ・リフト

若き逸材が揃う今季のアヤックスの中でも、極めて“大人びている”と評判のデ・リフト。実際、クラブOBで元オランダ代表MFのロナルド・デ・ブール氏は、「まるで30歳の選手のようにプレーする」と話す。特筆すべきは学習能力の高さで、代理人の想像をも上回るスピードで成長を遂げているという。オランダ代表を率いるロナルド・クーマン監督も「2年以内に世界で最も優れたセンターバックになる」と太鼓判を押す中、ユヴェントス戦のパフォーマンスを見た元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏は「地球上で最も優れたセンターバック」と高評価。今後については、今夏の移籍先が大きな鍵を握りそうだが、世界トップDFの地位を築くのに“2年”という時間も必要ないのかもしれない。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る