2019.03.22

UEFAがC・ロナウドへの処分を発表…罰金のみ、出場停止は回避

クリスティアーノ・ロナウド
アトレティコ戦でのパフォーマンスが物議を醸していたC・ロナウド [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 欧州サッカー連盟(UEFA)は21日、ユヴェントス所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに対する処分を発表した。



 C・ロナウドは12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)セカンドレグのアトレティコ・マドリード戦でハットトリックを達成し、チームを逆転でのベスト8進出に導いた。しかし、UEFAは同試合においてC・ロナウドが見せたパフォーマンスを問題視。敵将であるディエゴ・シメオネ監督がファーストレグ(ユヴェントスが0-2で敗北)で行ったパフォーマンスを真似た、股間に手を当てるゴールパフォーマンスが不適切だとして処分の対象になるのではないかと報じられていた。

 UEFAはC・ロナウドに対して、2万ユーロ(約252万円)の罰金処分を科すと発表。当初は出場停止などの処分が科される可能性も報じられていたが、上述のシメオネ監督と同様の処分を受けることが決定した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る