2019.03.14

これぞ“CL男”…C・ロナウドの凄さを改めて数字で振り返る

クリスティアーノ・ロナウド
逆転劇の立役者となったC・ロナウド [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 12日に行われたチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、ユヴェントスはアトレティコ・マドリードに3-0で勝利。2戦合計スコアを3-2とし、逆転でベスト8進出を果たした。



 欧州カップ戦でファーストレグを0-2で落としながら次ラウンドへ勝ち上がるのは、ユヴェントスのクラブ史上初めてのこと。奇跡の逆転劇の立役者となったのは、全得点を奪ったクリスティアーノ・ロナウドだった。

 27分に先制点を挙げると、48分と86分にも追加点をマーク。ハットトリックを達成してマン・オブ・ザ・マッチに選ばれると、試合後には「このためにユーヴェは俺と契約した」というカッコよすぎるコメントまで残した。これぞ“CL男”と言わんばかりの圧倒的なパフォーマンス。今年2月に34歳を迎えた選手とは思えない存在感を見せつけた。

 そこで今回は、スポーツデータ会社『Opta』や大手メディア『ESPN』、さらにイギリスのサッカーサイト『Squawka』などが公開したデータをもとに、C・ロナウドの凄さを改めて振り返ってみた。

「3」

クリスティアーノ・ロナウド

(左)C・ロナウドと(右)オブラク [写真]=Getty Images

C・ロナウドはアトレティコ・マドリードのGKヤン・オブラクを相手に3度目のハットトリックを達成。世界最高の守護神の一人に数えられるオブラクがアトレティコ・マドリードに加入して以降、ハットトリックを許した相手はC・ロナウドだけ。文字通りの“天敵”である。

「8」

C・ロナウド、メッシ

(左)C・ロナウドと(右)メッシ [写真]=Getty Images

C・ロナウドは今回の一戦で、CL通算8回目のハットトリックを達成した。バルセロナのリオネル・メッシと並ぶ大会最多タイ記録になる。なお、前回ハットトリックを達成したのも、アトレティコ・マドリード戦。2017年5月2日のCL準決勝ファーストレグで、当時レアル・マドリードに所属していたC・ロナウドは3ゴールを叩きだした。

「9」

C・ロナウドはレアル・マドリード加入2年目の2010-11シーズン以降、これで9シーズン連続のCLベスト8進出を達成。うち4シーズン(2013-14、2015-16、2016-17、2017-18)で欧州王者に輝いている。

「22」

C・ロナウド

[写真]=Getty Images

C・ロナウドがCLで決めたヘディングでの得点数。これは大会最多記録になる。

「25」

C・ロナウドがアトレティコ・マドリード相手に決めた得点数。通算33試合に出場して、25ゴールを記録している。プロキャリアにおいては、セビージャ(27得点)に次いで最も多くの得点を決めている。

「52」

C・ロナウドは30歳の誕生日を迎えて以降、CLで52ゴールをマーク。52ゴールは、CL通算得点ランキングで単独7位の記録になる。元フランス代表FWティエリ・アンリ氏(50得点)よりも2ゴール多く、バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキ(53得点)よりも1ゴール少ないだけ。

「63」

C・ロナウドがCLの決勝トーナメントで記録した得点数。2位のメッシに21ゴールの差をつけている。なお今回のハットトリックによって、CLグループステージで挙げた得点数(61得点)を上回ることとなった。

「77」

C・ロナウド

[写真]=Getty Images

C・ロナウドがCLの決勝トーナメントで生み出した得点数。通算77試合に出場して、63ゴール14アシストを記録。世界最高峰の舞台であるCLノックアウトステージで、1試合平均1ゴールに絡んでいる計算になる。

「124」

C・ロナウドのCL通算得点数。これまで160試合に出場して124ゴールを記録。これは大会最多記録であり、アトレティコ・マドリードのCL通算得点数(118得点)よりも多い。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る