2019.03.08

CL敗退もレアルは一致団結? 主将S・ラモスが選手を集めてミーティング

S・ラモス
S・ラモスがミーティングを行った [写真]=Soccrates/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがチームメイトを集めてミーティングを行った。8日にスペイン紙『マルカ』が伝えている。



 S・ラモスはロッカールームにチームメイトを集め、コーチスタッフを含めないミーティングを実施。「みんなが今シーズンの残りの試合すべてに集中しなくてはいけない」と述べた。

 レアル・マドリードは5日にチャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦セカンドレグでアヤックスに敗れ、4連覇の夢が潰えた。累積警告で欠場したS・ラモスは、試合後にフロレンティーノ・ペレス会長と激しい口論をしたと報じられている。しかし、同選手はチームメイトの前で最後まで戦うことを要求し、CL敗退の責任を取る姿勢を示した。

 同紙は、キャプテンの呼びかけが響き、チームは一つにまとまったと伝えている。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る