2019.03.06

CL敗退のレアル、不在のS・ラモスに指揮官が言及「悪く言う気はないが…」

ソラーリ
ソラーリ監督はラモスについてコメントをした [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードを率いるサンティアゴ・ソラーリ監督は5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグのアヤックス戦についてコメントを残した。5日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。



 レアル・マドリードはホームでアヤックスに1-4と大敗を喫した。ファーストレグで2-1の勝利を収めたものの、2試合合計は(3-5)とアヤックスの圧勝でベスト16で敗退となった。

 ファーストレグにて意図的にイエローカードを受けて、処分の消費を狙ったスペイン代表DFセルヒオ・ラモスはセカンドレグは欠場。守備面で非常に苦しんでいたレアル・マドリードにとって、S・ラモスのずる賢い策略は結果、裏目に出たようだ。

 ソラーリ監督は次のようにコメントした。

「もちろん自分の選手を悪く言うつもりはないが、主将の存在は大きいと実感させられた。このような重要な試合で戦力的にもだが、メンタル面でもキャプテンのサポートは必要だった」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る