FOLLOW US

トッテナムが8年ぶりのCLベスト8進出…ドルトムントはGKロリスの牙城を崩せず

8年ぶりのCLベスト8進出を決めたトッテナム [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが5日に行われ、ドルトムントトッテナムが対戦した。

 トッテナムがホームで行われたファーストレグを3-0で勝利して迎えた一戦。ドルトムントは16分、マヌエル・アカンジのロングフィードにパコ・アルカセルが反応したが、シュートは枠を外れた。一方のトッテナムも31分、クリスティエン・エリクセンのスルーパスにソン・フンミンが抜け出したが、シュートは枠を捉えることができなかった。

 その後主導権を握ったドルトムントは33分、マルコ・ロイスのクロスにユリアン・ヴァイグルがヘディングシュートを放つ。直後の34分にはマリオ・ゲッツェが右足を振り抜いたが、いずれもGKウーゴ・ロリスの好セーブに阻まれた。

 後半に入り49分、ムサ・シソコのスルーパスに抜け出したハリー・ケインがGKとの1対1を制し、アウェイのトッテナムが先制した。突破に5点が必要となったドルトムントは支配率62パーセントを記録したが、最後までゴールを挙げることはできず、試合はこのままタイムアップ。トッテナムが1-0で連勝を飾り、2試合合計4-0で8年ぶりのCLベスト8進出を果たした。

【スコア】
ドルトムント 0-1(2試合合計:0-4) トッテナム

【得点者】
0-1 49分 ハリー・ケイン(トッテナム

【スターティングメンバー】
ドルトムント(4-1-4-1)
ビュルキ;ヴォルフ(62分 ラーセン)、アカンジ、ヴァイグル、ディアロ;ヴィツェル;サンチョ、ロイス(74分 デラネイ)、ゲッツェ、ゲレイロ(62分 プリシッチ);P・アルカセル

トッテナム(3-5-2)
ロリス;アルデルヴァイレルト、サンチェス、フェルトンゲン;オーリエ、シソコ、ウィンクス(55分 ダイアー)、エリクセン(83分 ローズ)、デイヴィス;ソン・フンミン(71分 ラメラ)、ケイン

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO