2019.03.05

過去のデータを基に紹介! 各クラブのベスト8進出の確率は?【CLラウンド16/セカンドレグ】

[写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 いよいよ3月5日から、チャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)のセカンドレグがスタートする。ファーストレグでは、ホームチームが3勝、アウェイチームが3勝を挙げ、スコアレスドローが2試合あった。果たして、次ラウンドへの勝ち上がりにはどの程度のアドバンテージがあるのか。



 欧州サッカー連盟(UEFA)は、CLのノックアウトステージにおける過去の勝ち抜けデータ(ヨーロピアン・カップ時代を含む)を公開。今回はさらに、サッカーのデータ専門家として知られる「ミスター・チップ」ことアレクシス・マルティン・タマヨ氏の情報も交えて、各チームの次ラウンド進出の可能性を紹介する。

 なお、同大会で2戦合計のスコアが同点だった場合にアウェイゴールが2倍となる現行ルールが採用されたのは1967-68シーズンからのこと。それ以前は、2試合を終えて同点だった場合、中立地で再試合が行われていた。

写真=ゲッティイメージズ

ドルトムント vs トッテナム


ファーストレグの結果:トッテナムがホームで3-0と先勝

UEFAによると、ファースレグでホームチームが3-0の先勝を飾ったケースは過去に130試合あるという。その場合、該当チームは94.6%という高い確率で次ラウンド進出を決めているそうだ。一方、アウェイでの初戦を0-3で落としたチームが逆転で突破したケースは過去に7例のみ。5.4%という非常に低い確率となっている。大逆転を目指すドルトムントにとっては、厳しい情勢と言えそうだ。

レアル・マドリード vs アヤックス


ファーストレグの結果:レアル・マドリードがアウェイで2-1と先勝

UEFAによると、ファーストレグでアウェイチームが2-1と先勝したケースは過去に100試合あり、うち94%のチームが次ラウンドに進出しているという。前人未踏の4連覇を目指すレアル・マドリードにとっては非常に有利なデータだ。とはいえ、アヤックスは1995-96シーズンのCL準決勝で、ホームでのファーストレグを0-1で落としながら、逆転で決勝進出を果たした過去を持つ。奇跡の再現となるだろうか。

パリ・サンジェルマン vs マンチェスター・U


ファーストレグの結果:パリ・サンジェルマンがアウェイで2-0と先勝

過去のデータを紐解くと、パリ・サンジェルマンの突破の確率は100%となっている。ファーストレグでアウェイチームが2-0と先勝したケースは106回あるが、セカンドレグで逆転を許したチームは1つもないという。とはいえ、スールシャール監督が「このクラブはこれまでに何度も最高の逆転劇を演じてきた」と話したように、マンチェスター・Uの“十八番”でもある逆転勝利を狙っている。

ポルト vs ローマ


ファーストレグの結果:ローマがホームで2-1と先勝

ベスト8進出チームを最も予想しづらいのがこのカードだろう。ローマがホームでのファーストレグを2-1で制したものの、過去のデータを紐解くと、勝ち抜けの可能性は50.3%。つまり、全く五分の状況ということになる。さらに過去の対戦成績を見ても、ポルトが2勝、ローマが1勝、そして2引き分けとほぼイーブン。逆転に次ぐ逆転という展開もありえるだけに、白熱した好ゲームが期待できそうだ。

ユヴェントス vs アトレティコ・マドリード


ファーストレグの結果:アトレティコ・マドリードがホームで2-0と先勝

タマヨ氏によると、アトレティコ・マドリードは圧倒的に有利な状況でセカンドレグを迎えるという。ディエゴ・シメオネ監督の就任以降、同クラブはファーストレグを勝利で飾ると、CLだけではなく、全大会で次ラウンドへの突破を決めているという。一方、ユヴェントスは欧州カップ戦のファーストレグで0-2の敗戦を喫したことが過去に5回あるが、その全てで敗退を余儀なくされているとのこと。絶体絶命のイタリア王者がこのデータにどう立ち向かうのか注目される。

マンチェスター・C vs シャルケ


ファーストレグの結果:マンチェスター・Cがアウェイで3-2と先勝

ファーストレグでは、一人少ない状況から逆転勝利を収めたマンチェスター・C。ホームでのセカンドレグでは、ニコラス・オタメンディとフェルナンジーニョを出場停止で欠くが、大きなアドバンテージを持っていることに変わりはない。敵地でのファーストレグを3-2で勝利したチームは過去、97%の高確率で次ラウンドへの進出を果たしているという。さらにマンチェスター・Cはドイツ勢を得意としており、CLでは現在8試合負けなし(7勝1敗)と抜群の相性を誇っている。

バルセロナ vs リヨン


ファーストレグの結果:0-0のスコアレスドロー

ファーストレグでは、シュート25本を放ちながら無得点に終わったバルセロナ。こうなると、セカンドレグはアウェイチーム(リヨン)が有利になると言われるが、彼らに限ってはそうではないようだ。CLの舞台で敵地でのファーストレグをスコアレスドローで終えたのは過去4度あるが、いずれのケースでも次ラウンド進出に成功しているという。さらに、CLラウンド16のホームゲームは11連勝中。“聖地”カンプ・ノウでの強さは本物だ。

バイエルン vs リヴァプール


ファーストレグの結果:0-0のスコアレスドロー

欧州カップ戦のノックアウトステージで両クラブが対戦するのは、今大会が3度目のこと。ファーストレグはいずれもリヴァプールホームで開催され、0-0のスコアレスドローに終わった。過去2度の対戦時には、それぞれが1度ずつ勝ち抜けを果たしているため、今回も可能性は五分五分だと言える。ただ、リヴァプールがCLノックアウトステージのファーストレグを0-0で終えるのは、2004-05シーズンの準決勝、チェルシー戦以来のこと。あの“イスタンブールの奇跡”が起きたシーズンの出来事であり、今回のスコアレスドローを“吉兆”と捉えるファンも少なくないようだ。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る