2019.02.13

「これまでの相手よりレベルが…」マンU指揮官、PSGとの実力差を認める

スールシャール
スールシャール監督率いるマンUはPSGに完敗 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが12日に行われ、マンチェスター・Uパリ・サンジェルマン(PSG)とのホームゲームを0-2で落とした。試合後、オーレ・グンナー・スールシャール監督は力の差があったことを認めている。イギリスメディア『スカイスポーツ』が同日付で伝えた。



 戦前の予想では、ブラジル代表FWネイマールやウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニといった主力選手をケガで欠くPSGに対し、公式戦ここ11試合で10勝1分けと絶好調のマンチェスター・Uが優位な立場にあると見られていた。しかし、マンチェスター・Uは後半立ち上がりにセットプレーから先制を許すと、60分にはフランス代表FWキリアン・ムバッペに追加点を献上。ホームでのファーストレグで完敗を喫した。

 試合後、スールシャール監督は「あのレベルにはなかった」と率直な感想を語った。同監督は実力差の存在を認めている。

「今日、我々はあのレベルにはなかった。これまで戦ってきた相手よりレベルが高かった。我々は素晴らしい成功を収め、非常に良い状態で試合に入ったが、やはり格が大きく違っていた」

「彼らはCLの優勝候補の一角であり、それが我々がビハインドを負っている理由だよ。このクラブで目指すべきレベルはそこなんだ」

 同監督は「跳ね返さなければならない」とも述べ、セカンドレグでの逆転を誓った。窮地に立たされたマンチェスター・Uは、この逆境を乗り越えることができるだろうか。敵地でのセカンドレグは3月6日に行われる。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る