FOLLOW US

「CL決勝以来話をしていない」…ベイルがジダン前監督との関係性に言及

ベイル(左)とジダン前監督(右) [写真]=UEFA/UEFA via Getty Images

 レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、ジネディーヌ・ジダン前監督との関係性についてコメントした。イギリス誌『FourFourTwo』が5日付で伝えている。

 ジダン前監督は、ケガがちだったベイルを絶対的な存在として扱わなかった。昨年5月に行われた2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝でもベイルはベンチスタート。61分からの出場で殊勲の2得点を決めたものの、大一番で先発を外れたことについて不満を示していた。

 ベイル曰く、ジダン前監督は退任に際して「僕に話してこなかった」という。そして、「以来、彼とは未だに話をしていない」とのことで、CL決勝でのやり取りが最後の会話となったようだ。ジダン前監督との関係性は「良かった」と話した一方、「ベストな友人関係というわけではなかった。ノーマルなプロとしての関係性にすぎなかったね」と述べており、“微妙な距離感”であったことも匂わせている。

 現在はサンティアゴ・ソラーリ監督の指導を受けているベイルだが、中心としてチームをけん引する活躍を見せることができるだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO