2018.11.29

ユムティティ、PSV戦欠場は「左ひざの違和感」が理由…バルセロナが発表

ユムティティ
左ひざに負傷を抱えるユムティティ [写真]=VI Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナは28日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節でPSV(オランダ)とのアウェイゲームを戦い、2-1で勝利した。この試合でベンチ入りメンバーを外れたフランス代表DFサミュエル・ユムティティについて、バルセロナのクラブ公式ツイッターが伝えている。



 ユムティティはPSV戦の遠征メンバーに含まれていたものの、試合当日はベンチ入りせず、欠場していた。同クラブの発表によると、ユムティティは前日練習で左ひざに違和感を覚えたためメンバー外になったという。

 同選手は2018 FIFAワールドカップ ロシア開幕前から左ひざにケガを抱えており、10月から11月にかけては症状が悪化。公式戦9試合の欠場を経て、24日のリーガ・エスパニョーラ第13節アトレティコ・マドリード戦で復帰したばかりだった。手術を回避し、保存療法を選択した同選手だったが、スペイン紙『マルカ』によればコーチ陣は起用に際してリスクを冒すことを望んでおらず、今後も慎重な判断を迫られるものと見られている。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る