2018.11.21

来季からCLで導入予定のVAR、UEFAが今季の決勝Tから使用する可能性を明かす

VAR
早期導入が示唆されたVAR [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ビデオ・アシスタント・レフリー(VAR)が今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)の決勝トーナメントから使用する可能性が浮上しているようだ。イギリスメディア『BBC』が20日に伝えている。

 欧州サッカー連盟(UEFA)は9月27日、2019-20シーズンのCLからVARを導入すると発表。ヨーロッパリーグ(EL)では、2020-21シーズンからの導入となることも併せて伝えていた。

 しかし、UEFA委員会のアンドレア・アニェッリ氏が20日、UEFA会長アレクサンデル・チェフェリン氏と記者会見に出席すると、「早期導入が可能」と言及。今季のCLとELの決勝トーナメントから使用する可能性を明かした。

「1週間ほどで早期導入についての報告書が届くと思う。そして、いつ実行できるのかがわかるだろう」

 なお、CLの決勝トーナメント初戦は2019年2月12日に行われ、ELの決勝トーナメント初戦はその2日後の予定。

 また、準々決勝からの導入も提案されており、その場合2019年4月9日となっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る