2018.11.08

グアルディオラ監督、VAR導入に賛同「審判を助けることができる」

ジョゼップ・グアルディオラ
マンチェスター・Cを率いるグアルディオラ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、審判を助けるためにビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)導入が必要だと語った。7日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。


 チャンピオンズリーグのグループステージ第4節が7日に行われ、マンチェスター・Cがシャフタールを6-0で下した。問題となっているのは、マンチェスター・Cが1点リードして迎えた24分にPKが与えられた場面。このときイングランド代表FWラヒーム・スターリングは相手DFに倒されたわけではなく、自らつまずいて転んでいたが判定は覆らず、キッカーを務めたブラジル代表FWガブリエル・ジェズスが決めて、リードを2点に広げていた。

 問題の場面についてグアルディオラ監督は試合後、「あれはPKではなかったと我々は気づいていたよ」と明かし、次のように続けた。

「彼(スターリング)は、チップキックを蹴ろうとしたが、地面を蹴ってしまった。あのような状況で得点を取りたくはないが、審判は気づかなかったんだ」

「審判は助けられるべきだし、彼らだって間違いを起こしたいとは思っていない。そのためにVARがあるんだ。彼らもいいパフォーマンスを披露したいと思っているだろうけど、試合の展開は早く、選手たちはさらに技術を上げているんだ。(VARを使えば)3、4秒で、PKかPKじゃないかという判定を下すことができる」

 幸運な形で追加点を手にして快勝したマンチェスター・Cは次戦、11日にホームでマンチェスター・Uとの“マンチェスター・ダービー”に臨む。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
43pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
28pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
25pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
レアル・マドリード
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
37pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング