2018.11.07

「おめでとう、レッドスター」…リヴァプールのクロップ監督、完敗認める

ユルゲン・クロップ監督
完敗を認めたユルゲン・クロップ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が完敗を認めた。クラブ公式サイトが次のように伝えている。

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節が6日に行われ、リヴァプールはアウェイでツルヴェナ・ズヴェズダに0-2で敗れた。

 試合は22分、29分にホームのツルヴェナ・ズヴェズダがゴール。2点ビハインドで折り返したリヴァプールは反撃に出たがゴールは遠く、そのまま完封負け。CL2敗目を喫した。

 クロップ監督は試合後次のようにコメントを残している。

「試合序盤がかなり激しかった。明らかにね。彼らの数名の選手は非常に重要な役割を果たしていた。こっちはダニエル(・スタリッジ)が非常に大きなチャンスを持っていたね。ただ、このようなゲームではそれが得点となるか、ならないかがゲームの方向性を決めるんだ」

「彼らは序盤で2得点を奪い、まさしくホームの雰囲気だったね。このようなゲームでこのような状況では、ネガティブな気分を持ちつつも最高のサッカーをしなければならないんだ」

「後半はもちろん変えようとしたよ。でも、スコアは動かせなかった。後半は非常にボールを支配し、チャンスを持っていた。もし後半の早い段階でゴールを奪えたら試合は変わっていた可能性があったが、そう簡単ではなかった」

「私たちは(完敗を)認めなければならないよ。おめでとう、レッドスター(ツルヴェナ・ズヴェズダの英語読み)。彼らは3ポイントを勝ち取った」

「彼らは本当に良い雰囲気だった。ハーフタイムにドレッシングルームまで向かう道で、彼らはとてもポジティブな気分だっただろうね。私たちは真逆だったけど」

「彼らは戦いをあきらめず、集中して最後まで走っていた。彼らは2、3人けいれんを抱えた選手を持っていたと思う。しかし、そんな中でも走り、私たち相手にやってのけた」

「今夜彼らはすべての部分で非常に積極的だった。情熱をもって試合に挑み、勝利に値したと思う」

 次節、リヴァプールは28日にアウェイでパリ・サンジェルマンと、ツルヴェナ・ズヴェズダはアウェイでナポリと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る