2018.10.20

UEFA、CLバレンシア戦で試合開始が遅れたマンUに約194万円の罰金処分

マンチェスター・U
マンチェスター・Uのバス(写真は2017年のもの) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・UがUEFAから罰金処分を受けた。イギリスメディア『スカイスポーツ』が19日に伝えている。

 10月初めに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でマンチェスター・Uはホームでバレンシアと対戦。試合はスコアレスドローに終わったが、トラブルが試合前に起きていたようだ。

『スカイスポーツ』によると、マンチェスター・Uのチームバスがオールド・トラッフォードに遅れて到着したため、試合開始が5分遅れたという。そして今回UEFAはこの遅刻を指摘し、マンチェスター・Uに1万5000ユーロ(約194万円)の罰金を科した。

 ジョゼ・モウリーニョ監督は、マンチェスター警察を非難。ホテルからスタジアムへ向かうバスへの適切な護衛を提供することを拒否したとコメントした。一方、警察はバスに特別な脅威はなく、時間どおり護衛を遂行したと話しているという。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る