2018.10.04

マンU主将のバレンシア、モウリーニョに言及「彼と共に戦わなければ」

アントニオ・バレンシア
モウリーニョ監督についてコメントしたバレンシア [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uのキャプテンを務めるエクアドル代表DFアントニオ・バレンシアが、選手との確執が取り沙汰されているジョゼ・モウリーニョ監督についてコメントした。

 マンチェスター・Uは現在公式戦4試合連続で勝利を逃しており、モウリーニョ監督の解任が噂されている。バレンシアは10月2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節バレンシア戦終了後に記者からの質問に答え、モウリーニョ監督との関係やチーム状況について語った。

「ありがたいことに、僕自身は誰かと問題があったことはない。(ポール・ポグバの副キャプテン剥奪は)監督が決断することだし、ポジティブな面を見なければならない。重要な試合で勝ち点1を手にしたんだ。次はニューカッスル戦が控えているし、ファイトしなくてはならない。僕が言えることは、チームのみんなは冷静だし、良い姿勢を持って日々トレーニングを行っているということだ。良い結果を得られていないから悪い噂が立つんだと思う」

 最後に、バレンシアはモウリーニョ監督を100パーセント支持しているかどうか問われ「100パーセントだね。彼は僕たちのボスだ。彼と共に戦わなければならない」と返答。モウリーニョ監督に対する信頼が揺らいでいないことを明かしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る