FOLLOW US

マンU、ついにサポーターから見放される…CLバレンシア戦で異例の“当日券”を販売

サポーターからの支持を失い始めたマンチェスター・U [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uは、10月2日に本拠地オールド・トラッフォードで行われるバレンシアとのチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節のチケット売却に苦戦した結果、異例の“当日券”販売に踏み切ったようだ。米メディア『ESPN』が伝えている。

 オールド・トラッフォードのチケットは、公式のサポーター・クラブのメンバーではないファンに売却されることは基本的にはない。通常であれば、スタジアム一杯に“レッドデビル”を愛する人々が詰め寄り、スタジアムは赤一色に染まる。また、観光客向けに販売される予約制の一般チケット販売は300〜400枚で、これも毎回売り切れるのが当たり前だった。

 しかし、本拠地オールド・トラフォードで行われるバレンシア戦ではチケットが当日まで完売せず。異例の“当日券”が販売される事態になった。

 先週末のプレミアリーグでウェストハムに敗れたマンチェスター・Uは今季早くも公式戦4敗目。2部のダービー・カウンティに敗れたカップ戦も含めて3試合白星がない。また、オールド・トラッフォードで行われた試合においては、8月11日のプレミアリーグ開幕レスター戦以来勝利なし。今季ホームで1勝2敗2分けという結果になっている。

 苦戦が続いているマンチェスター・U。サポーターからの支持も失いつつあるのかもしれない。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA