2018.09.18

今季CL最強の攻撃ユニットを擁するのはどのクラブ? 英サイトがTOP10を発表

CL最強ユニットはどこだ? [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 2018-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージが18日からスタートする。開幕に先駆けて、イギリスのサッカーサイト『Squawka』は、「最強攻撃ユニットTOP10」と題した特集記事を掲載。欧州最高峰の舞台で、今もっとホットなアタッカー陣を紹介している。

■10位 インテル
 ケイタ・バルデ・ディアオ、マウロ・イカルディ、イヴァン・ペリシッチ

 ルチアーノ・スパレッティ監督は対戦相手に応じてメンバーとシステムを巧みに使い分ける策士だが、昨シーズンのセリエA得点王であるマウロ・イカルディを最前線に置いて、いずれも“高速ドリブラー”のケイタ・バルデ・ディアオとイヴァン・ペリシッチを両翼に起用すれば、強力なカウンター攻撃を繰り出せそうだ。2011-12シーズン以来のCLで台風の目となれるか。

■9位 マンチェスター・U
ジェシー・リンガード、ロメル・ルカク、アレクシス・サンチェス

 “高さと強さ”を備えるロメル・ルカクと、“速さと巧さ”を備えるアレクシス・サンチェスの同時起用は、相手に最も大きな脅威を与えるだろう。そして「第3の矢」には、ジェシー・リンガードの起用が適当か。イングランド代表MFは巧みなフリーランで彼らを“生かす”こともできれば、彼らに“生かされる”こともできる。マーカス・ラッシュフォード、アントニー・マルシャル、フアン・マタと、アタッカーの駒は豊富なだけに、ジョゼ・モウリーニョ監督の決断にも注目が集まる。

■8位 バイエルン
アリエン・ロッベン、ロベルト・レヴァンドフスキ、フランク・リベリー

 もはや、お馴染みのユニットだ。万能型ストライカーのロベルト・レヴァンドフスキを頂点に、アリエン・ロッベンとフランク・リベリーの“ロッベリー”が両サイドから攻撃に厚みをもたらす。若手の台頭にも期待したいが、平均年齢33歳の“おっさんトリオ”のツボを押さえたプレー、そして長年培ってきたコンビネーションは今もバイエルンの大きな武器となっている。

■7位 アトレティコ・マドリード
アントワーヌ・グリーズマン、ジエゴ・コスタ

 見た目も、利き足も、プレースタイルも、世代も、出身地も、全く異なる2人だが、ピッチ上では抜群の補完性を誇る。ディエゴ・シメオネ監督が率いるアトレティコ・マドリードで最も多くのゴールを奪っている2人であり、まさに“ベスト”の組み合わせだ。昨シーズンは、選手登録禁止処分の影響でジエゴ・コスタを年明けまで起用できず、CLではまさかのGS敗退となった。本拠地ワンダ・メトロポリターノが決勝の舞台となる今シーズン、悲願の欧州制覇を成し遂げるためには彼らの爆発が欠かせない。

■6位 マンチェスター・C
リヤド・マフレズ、セルヒオ・アグエロ、ラヒーム・スターリング

 昨シーズン、圧倒的な力を見せてプレミアリーグを制覇したマンチェスター・Cは、CLではベスト8敗退を余儀なくされていた。初の欧州制覇に向けて今夏に獲得したのは、緩急自在のドリブルと多彩なキックを武器とするリヤド・マフレズ。彼が“ラストピース”となるのか。あるいは、今シーズン好調のベルナルド・シルバやガブリエル・ジェズス、レロイ・サネがチームに幸運をもたらすのか。希代の戦術家であるペップ・グアルディオラの采配に注目だ。

■5位 ユヴェントス
ドウグラス・コスタ、マリオ・マンジュキッチ、クリスティアーノ・ロナウド、パウロ・ディバラ

 クリスティアーノ・ロナウドの電撃加入により、魅惑の攻撃陣が完成した。このカルテットの競演は今のところ実現していないが、もし同時に出場させることができれば、ビッグイヤーも簡単に手に入るかもしれない。もちろん攻守のバランスを考えれば同時起用はかなり難しく、“戦術オタク”のマッシミリアーノ・アッレグリ監督がどんな最適解を導き出すのか目が離せない。

■4位 レアル・マドリード
ギャレス・ベイル、カリム・ベンゼマ、マルコ・アセンシオ

 C・ロナウドの退団によって“BBC”トリオは完全に解体されたが、レアル・マドリードは今シーズンのリーグ開幕4試合で11ゴールをマークするなど、あいかわらず得点を量産中。ここまで4ゴールを決めたカリム・ベンゼマが、ギャレス・ベイルやマルコ・アセンシオと組む“BBA”トリオも抜群の連携を見せている。彼らが元エースの存在を忘れさせるほどの活躍を続ければ、史上初の4連覇も夢ではない。

■3位 バルセロナ
リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ウスマン・デンベレ

 ブラジル代表ネイマールの退団を機に“MSN”トリオは解体され、昨シーズンはリオネル・メッシとルイス・スアレスが2トップを形成。国内2冠を達成したが、CLでは3年連続のベスト8敗退となった。しかし、今シーズンは加入2年目のウスマン・デンベレが、リーグ戦3試合連続でゴールをマークするなど復活。ピッチ上を自由に動くメッシ、エリア内で抜群の決定力を誇るルイス・スアレス、そしてスペースを突くデンベレと、個性の異なる3トップの熟成が進めば覇権奪回も見えてくるだろう。

■2位 リヴァプール
モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネ

 昨シーズン、欧州各地で猛威を振るった3トップは今シーズンも健在。“偽9番”の役割をこなすロベルト・フィルミーノに、突破力と得点力を兼備するモハメド・サラーとサディオ・マネを加えた攻撃は欧州随一だ。巨額の投資によって中盤以下にも優れた選手が集まり、彼らへのサポート体制も万全に。12年ぶりのCL制覇へ視界良好と言える。

■1位 パリ・サンジェルマン
キリアン・ムバッペ、エディンソン・カバーニ、ネイマール

 3人の市場価値を合わせると、3億9000万ユーロ(約510億円)。欧州で最も豪華な3トップは、ピッチ上でも最上級の輝きを放つ。昨シーズンのCLでは、ネイマールの負傷離脱もあって、レアル・マドリード相手に苦杯を舐めた。しかし、エースの状態が万全であれば、ロシア・ワールドカップで大ブレイクを果たしたキリアン・ムバッペ、キャリアのピークにあるエディンソン・カバーニと組む3トップは、“欧州最強”の称号を手に入れられるだけのポテンシャルを有している。なお18日に行われる第1節では、パリ・サンジェルマンとリヴァプールが早くも激突。撃ち合い必至の好ゲームが期待される。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
レアル・マドリード
29pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る