2018.09.17

劇的ゴールを挙げたベイル、CL決勝時の心境を吐露「かなり怒っていた」

ベイル
CL決勝時の心境を吐露したベイル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝について語った。16日、イギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。

 ベイルは、5月に行われたリヴァプールとのCL決勝戦でベンチからのスタートとなった。その後、投入直後の64分にブラジル代表DFマルセロのクロスからオーバーヘッドシュートを叩き込み、勝ち越しゴールを奪った。83分には強烈な無回転シュートを突き刺し、試合を決定づける3点目を記録。2得点を沈めレアル・マドリードをCL3連覇に導いたベイルが、この試合のMOMとなった。
 
 しかしベイルは、この時スタメン出場できなかったことに対し「怒っていた。正直言って、かなり怒っていた。明らかに、僕はスタメン出場に値すると感じていた。ゴールを決めてきていたので、怒らないことは難しいと思う」と当時の心境を明かした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る