FOLLOW US

バイエルン社長、コヴァチ新監督を信頼…CLへ抱負「偉大な成果を」

今季からバイエルンを率いているコヴァチ監督 [写真]=picture alliance via Getty Images

 バイエルンの代表取締役社長を務めるカール・ハインツ・ルンメニゲ氏が、今シーズンから指揮を執るニコ・コヴァチ監督への信頼を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 コヴァチ監督は昨シーズンまでフランクフルトの指揮を執り、今夏にバイエルン指揮官に就任。ユップ・ハインケス氏の後任として指揮を執り、DFLスーパーカップとDFBポカール1回戦、ブンデスリーガ開幕2試合と、公式戦4試合全てで勝利を収めている。

 ルンメニゲ氏は「チームはトップコンディションにあるようだ。良いシーズンになるとポジティブに考えている」とコメント。チーム状態に好感触を示し、コヴァチ監督について以下のように語っている。

「彼はチームに対して、非常にはっきりと、誠実な発言をする。我々が正しい監督を招へいしたという証明になると思う」

 指揮官への信頼を語ったルンメニゲ氏は、前人未到のブンデスリーガ7連覇について「当たり前に手に入るものではないが、そのための前提条件は整っていると考えている。良いチームだし、監督との関係も素晴らしい」と自信を示し、「チャンピオンズリーグ(CL)でも偉大な成果を成し遂げたい」と抱負を語った。

 バイエルンは15日、ブンデスリーガ第3節でレヴァークーゼンとホームで対戦。19日にはCLグループステージ第1節でベンフィカとのアウェイゲームに臨む。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA