2018.09.08

CL決勝で批判を集めるS・ラモス、英国での試合について「心配はない」

セルヒオ・ラモス
イングランド戦を前に心境を明かしたスペイン代表のS・ラモス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、イングランド代表との対戦について語った。イギリス紙『テレグラフ』が7日に伝えている。

 レアル・マドリードの主将S・ラモスは5月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝で、リヴァプールのエジプト代表FWモハメド・サラーと絡み合い、サラーは負傷。途中交代となり、涙を流しながらピッチを去った。リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は過去にインタビューでS・ラモスのプレーを「無慈悲で残忍」と批判した。

 スペイン代表は、9月8日にUEFAネーションズリーグでイングランド代表とウェンブリー・スタジアムで対戦する。S・ラモスは、イングランドのファンを前にして試合を行う心境を明かした。

「何も心配してないよ。影響は全くないだろうね。ピッチ上で相手選手を傷つけようとしたことは一度もない。CLのプレーも良心的なものだったと思っている。イングランドのファンは、選手たちに相応しい対処をしてくれるだろう」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る