2018.07.21

ローマ会長、UEFA主催試合への関与が3カ月間禁止に…CLで審判を侮辱

パロッタ
UEFAから処分を受けたパロッタ会長 [写真]=Action Plus via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 欧州サッカー連盟(UEFA)は20日、ローマのジェームズ・パロッタ会長と同クラブに対する処分について発表した。

 パロッタ会長は、5月2日に行われたリヴァプールとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝・セカンドレグ終了後に「ひどいジョークだ」と審判団を侮辱した。これを受け、UEFAは同会長に対して「3カ月間、UEFA主催のいかなる試合にも立ち入れない」旨の処分を言い渡している。ローマは2018-19シーズンのCLに出場するため、3カ月にわたってパロッタ会長は同大会で一切試合に関与することができなくなった。

 また、ローマの本拠地・オリンピコで行われた同試合では、試合終了後に一部のファンが花火を使用するなど、会場運営の不十分さも問題となった。そのため、UEFAはローマに1万9000ユーロ(250万円)の罰金を科している。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る