2018.05.27

リヴァプール主将ヘンダーソン、優勝逃すも「すべての選手を誇りに思う」

ジョーダン・ヘンダーソン
リヴァプールの主将ジョーダン・ヘンダーソン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールのキャプテン、イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、レアル・マドリードとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝後、自身の気持ちを語った。クラブ公式サイトが伝えている。

 チャンピオンズリーグ決勝が26日に行われ、リヴァプールは1-3でレアル・マドリードに敗れた。試合後まず、ヘンダーソンは試合全体について次のように話した。

「もちろん、試合の結果は残念だ。僕たちはミスを犯したし、マドリードは本当に良かった。彼らは勝利に値すると思う」

「しかし、特に前半の30分から35分くらいは、僕たちがボールを支配していたと感じた。そして僕たちはいくつかのチャンスも作った。なかなかゴールが奪えずイライラしたよ」

 次に、チームメイトのエジプト代表FWモハメド・サラーが前半で負傷交代したことについては「モハメドが負傷したとき、彼らは少しずつボールを支配し始めた。それでも僕たちはスコアレスでハーフタイムに入ることができた。そして、1点を決められても取り返し、僕たちはまだ戦えると信じていたよ」と述べ、サラー抜きでもチームは懸命に戦っていたことを強調した。

 そして、同試合で痛恨ミスを犯してしまった同クラブのドイツ人GKロリス・カリウスを擁護した。

「1失点目は本当に何が起こったのか分からない。そして次に、オーバーヘッドのゴールは明らかに何もできないだろう。それから3失点目は、見るからにボールの動きが激しく、ゴールキーパーにとっては難しい」

「失点は彼だけのせいではない。それまでに彼はチームを何度も救ってくれていた。僕たちはチームとして戦っている。チームとして負けたんだ。敗北は彼一人のことだけではなく、皆のことなんだよ」

「十分ではなかったけど、僕はすべての選手をとても誇りに思っている。そして、ファンには感謝しなければならないね」

「素晴らしい選手、素晴らしい監督をこのチームは揃えており、これからもみんなと一緒に前へ進みたい」

 最後に、主将のヘンダーソンは今後の抱負を語った。

「しばらくは落ち込むかもしれないが、前進しなければならない。そして、ワールドカップが開催されるから、切り替える必要があるね。そして、来シーズンはすぐにやってくるよ」

「僕たちはここまで来たことを誇りに思う。素晴らしいチームに勝利を収めてきた。僕たちも素晴らしいチームだと思う。これからのプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、カップでも今シーズンのような良い調子を見せ続けたい」

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る