2018.05.27

CL3連覇は「クレイジー」…ジダン監督、「歴史に仲間入りできた」

ジネディーヌ・ジダン監督
3連覇を成し遂げたジネディーヌ・ジダン監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 就任から2年半で3度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成したジネディーヌ・ジダン監督が試合後、コメントを残している。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 26日、ウクライナの首都キエフでレアル・マドリードとリヴァプールによるCL決勝戦が行われた。試合はウェールズ代表FWギャレス・ベイルの2得点などによりレアルが3-1で勝利を収め、3年連続13度目の欧州王者に輝いた。

 試合後、レアル・マドリードの選手がピッチで喜びを分かち合っている中、ジダン監督がメディアのインタビューに応じた。

「今夜は間違いなく歴史的な瞬間。3回連続して優勝することは…それはもうクレイジーだ。勝利を信じ、辛抱強く戦い続けた結果だと思う」

「このチームでは、我々はどこまでも行くことができる。それでも、3連覇はクレイジーだ。選手たちはやってのけた」

「まずはいまこの瞬間を楽しみたい。それが今最も重要なことだと思う。難しいシーズンだったが、この結果でこのシーズンを終えたことは大きな喜びだ。この喜びは僕たちを本当に幸せにしてくれる」

「この優勝が意味することを理解するのに少し時間がかかった。これはこのクラブの歴史だ。我々は伝説的なクラブであり、チャンピオンズリーグで13回優勝したクラブ。その歴史に仲間入りできてうれしい」

 また、記者がジダン監督に、「ベイルが同試合で見せたオーバーヘッドシュートと、自身が選手として2002年のCL決勝で決めた華麗なボレーシュートを比較すると?」と質問すると、同監督は次のように答えた。

「彼のゴールと私のゴールは比較できないよ。彼のゴールは本当にすばらしかった。彼におめでとうと言いたい」

2002年CL決勝でボレーシュートを決めた現役のジネディーヌ・ジダン [写真]=Getty Images


鮮やかなオーバーヘッドシュートを決めたギャレス・ベイル [写真]=Getty Images

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る