2018.05.26

リヴァプール、“イスタンブールの奇跡”を成し遂げた英雄たちの今は?

リヴァプール
2004-05シーズンにCL制覇した時のメンバー [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 26日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝で、2連覇中の王者レアル・マドリード(スペイン)と対戦するリヴァプール(イングランド)。同クラブが最後に欧州制覇を成し遂げたのは、2004-05シーズンのこと。ミラン(イタリア)との決勝では、前半のうちに3失点を喫したが、後半に3得点を挙げて同点に追いつき、PK戦の末に勝利を収めた。

 昨日(5月25日)は、“イスタンブールの奇跡”と呼ばれるその試合が行われてから、ちょうど13年後にあたる。当時のヒーローたちは、現在どのようなキャリアを過ごしているのか。メンバー14人の“今”を背番号とともに紹介する。

■GK 1 イェジー・ドゥデク(元ポーランド代表/当時32歳、現在45歳)

 ミランとのPK戦でゴールライン上を“くねくね”、ピョンピョンと動き回ってキッカーを幻惑し、アンドレア・ピルロとアンドレイ・シェフチェンコのキックを見事に阻止したデュデク。現在はスペインの都市ラ・マンガでゴルフを楽しんでいる模様。その傍ら、解説者を務めたり、チャリティーマッチに出場したりしている。

■DF 3 スティーヴ・フィナン(元アイルランド代表/当時29歳、現在42歳)

 アーリークロスを得意としていたフィナン。“イスタンブールの奇跡”の10周年記念イベントでは所在がつかめず、「#FindSteveFinnan=スティーヴ・フィナンを探せ」というハッシュタグまで作成された。その後、ロンドンで不動産デベロッパーとして働いているところを発見され、現在も同じ仕事をしているようだ。

■DF 4 サミ・ヒーピア(元フィンランド代表/当時31歳、現在44歳)

 リヴァプールではキャプテンも務めたヒーピア。2011年の現役引退後は、古巣レヴァークーゼンのほか、ブライトンやチューリッヒで監督を務めたが、選手時代のような成功を収めることはできなかった。現在は主にテレビ解説者として活躍。リヴァプールのクラブアンバサダーも務めている。

■DF 23 ジェイミー・キャラガー(元イングランド代表/当時27歳、現在40歳)

 現役時代はリヴァプール一筋を貫いたギャラガー。2013年の引退後は、イギリスメディア『スカイスポーツ』の解説者に抜擢。サッカーに関する抱負な知識と類まれな分析力が好評を博し、元イングランド代表DFギャリー・ネヴィルらと共に“看板解説者”としての地位を築いた。だが、今年3月にマンチェスター・Uのファンから挑発を受けて唾を吐きかける愚行を犯し、停職処分を受けた。

■DF 21 ジミ・トラオレ(元マリ代表/当時25歳、現在38歳)

 13年前の決勝では、左サイドバックで先発したトラオレ。2014年にメジャーリーグサッカー(MLS)のシアトル・サウンダーズで現役を引退すると、指導者に転身。現在は同クラブのアシスタントコーチを務めている。最近、UEFA Bライセンスを取得した事をツイッターで明かしており、近々監督としてヨーロッパへ戻ってくるかもしれない。

■DF 6 ヨン・アルネ・リーセ(元ノルウェー代表/当時24歳、現在37歳)

 強烈すぎる左足のキックが印象的だったリーセ。現在は代理人として活躍中。エージェント会社『グローバル・ファイネスト・アスリーツ』で欧州部門CEOを務めており、将来有望な若きアスリートたちをサポートしている。リヴァプールのクラブアンバサダーも務めており、チャリティーマッチでは今も元気な姿を見せている。

■MF 8 スティーヴン・ジェラード(元イングランド代表/当時24歳、現在37歳)

 13年前、キャプテンとしてビッグイヤーを掲げたジェラード。リヴァプール退団後、MLSのロサンゼルス・ギャラクシーを経て、2016年11月に現役を引退。その後、リヴァプールのU-18チームで監督を務めながら、テレビ解説者としても活躍してきた。今月4日には、スコティッシュ・プレミアシップのレンジャーズの新指揮官に就任することが正式決定。名将への階段を昇ることができるのか、注目される。

■MF 14 シャビ・アロンソ(元スペイン代表/当時23歳、現在36歳)

 ジェラードとの“黄金コンビ”で、ラファエル・ベニテス体制の中盤を支えたシャビ・アロンソ。2009年のリヴァプール退団後は、レアル・マドリードとバイエルンでプレーし、昨夏に現役引退を発表した。現在は、スペインで実施されている指導者ライセンス取得講習会に参加中。監督業への挑戦に意欲を見せている。

■MF 10 ルイス・ガルシア(元スペイン代表/当時26歳、現在39歳)

 13年前のCL準決勝チェルシー戦で“ゴースト・ゴール”を決めて、チームを決勝進出に導いたルイス・ガルシア。2007年にリヴァプールを退団した後は、母国スペインをはじめ、ギリシャ、メキシコ、インド、オーストラリアなど世界各地でプレーした。現在は解説者として、スペインやイギリスのテレビ番組に出演。リヴァプールとラ・リーガのアンバサダーも務めており、何度か来日を果たしている。

■MF 7 ハリー・キューウェル(元オーストラリア代表/当時26歳、現在39歳)

 ミランとのCL決勝では、23分で負傷交代を余儀なくされたキューウェル。2014年に現役を引退すると指導者に転向。昨夏からイングランド4部のクローリー・タウンの監督に就任すると、今シーズンは14位でリーグ戦を終了。現在は、3部チャールトンへの転任が噂されている。

■FW 5 ミラン・バロシュ(元チェコ代表/当時23歳、現在36歳)

 ユーロ2004では得点王に輝いたバロシュ。13年前の欧州制覇を置き土産にリヴァプールを退団すると、リヨンやガラタサライを経て、2014年からチェコ国内でプレーしている。今シーズンは同国1部のバニーク・オストラヴァに所属し、リーグ戦24試合出場9得点を記録。36歳にしてチームトップスコアラーに輝くなど、今もなおストライカーとしての矜持を見せている。

■MF 16 ディートマー・ハマン(元ドイツ代表/当時31歳、現在44歳)

 ミランとのCL決勝では、後半開始から出場したハマン。“イスタンブールの奇跡”から1年後にリヴァプールを退団すると、その後もイングランド国内でプレーし、2011年にMKドンズで引退した。その後は比較的静かな生活を送っていたが、最近は新聞やウェブサイトに記事を寄稿。ドイツとイギリスのテレビ番組にも出演している。

■MF 11 ウラジミール スミチェル(元チェコ代表/当時32歳、現在45歳)

 ミランとのCL決勝ではキューウェルと交代し、強烈なミドルシュートで2点目を奪ったスミチェル。大仕事をやってのけたがシーズン中はほとんど出場機会がなく、その夏に退団。2009年に現役生活に別れを告げると、チェコサッカー協会のスポーツマネージャーを務めた。現在はゴルフを楽しむ傍ら、リヴァプールのクラブアンバサダーとして様々なイベントに顔を出している。

■FW 9 ジブリル・シセ(元フランス代表/当時23歳、現在36歳)

 リヴァプール加入1年目で、キャリア唯一のCL優勝を経験したシセ。2012年に自身のファッションブランド『Mr. Lenoir』を立ちあげると、DJとしてアメリカの大物歌手マライア・キャリーと共演を果たすことにも成功。ケガもあって本業では大成しなかったが、マルチな才能を発揮している。昨年2月には現役引退を正式発表。だが、わずか半年後にスイス3部のイヴェルドンと選手契約を結んで電撃復帰を果たすと、リーグ戦28試合に出場して24ゴールを記録し、見事、得点王に輝いた。これを“ケジメ”に、今度こそスパイクを脱ぐようだ。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る