2018.05.25

熊谷紗希が先発のリヨン、延長戦4発で初の女子CL3連覇!…3年連続3冠に王手

リヨンが女子CL史上初の3連覇を達成 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 女子チャンピオンズリーグ(CL)決勝が24日にウクライナの首都キエフで開催され、なでしこジャパンDF熊谷紗希が所属するリヨンはヴォルフスブルクと対戦した。熊谷はボランチで先発出場した。

熊谷紗希

先発出場した熊谷紗希 [写真]=Getty Images

 国内リーグ12連覇を果たしたリヨンは、3年連続の決勝進出で過去2回はPK戦の末に2連覇を達成。男子のレアル・マドリードと同様に初の3連覇に挑む。一方、2年連続でリーグ戦とカップ戦の2冠を達成しているヴォルフスブルクは、2015-16シーズンの決勝でリヨンに敗戦。2年前の雪辱と4年ぶり3度目の欧州制覇を狙う。

 前半はリヨンが攻勢に出たものの、スコアレスで折り返す。後半に入っても主導権を握るリヨンは61分にウジェニー・ル・ソンメ、63分にアダ・ヘーゲルベルグがエリア内からシュートを放つが、ゴールにはつながらず。69分には左CKで、ル・ソンメのヘディングシュートをGK前のアマンディーヌ・アンリが頭で触ると、ラインを割ったかに思われたが、ギリギリのところで相手DFにクリアされた。

ラインを割ったようにも見えたが… [写真]=Getty Images

 リヨンは82分、右サイドを抜け出したデルフィーヌ・カスカリーノがグランダーのクロスを入れると、ファーに走り込んだル・ソンメがフリーでシュートを放つが、相手GKの好セーブに阻まれた。試合はスコアレスのまま90分が終了した。

 試合が動いたのは延長戦の立ち上がり93分。GKからパスを受けたペルニール・ハーダーが自陣からエリア手前まで持ち上がり左足を振り抜くと、シュートは相手DFに当たってゴール左隅に決まった。先制を許したリヨンは95分、熊谷を下げてシャニース・バン・デ・サンデンを投入する。直後の96分、ヴォルフスブルクはアレクサンドラ・ポップが2枚目のイエローカードを受けて退場となった。

劣勢ながら先制点を奪ったヴォルフスブルク [写真]=Getty Images

 すると流れは数的有利となったリヨンに。98分、アンリがヘーゲルベルグのダイレクトパスで抜け出し、右足シュートを突き刺して同点。直後の99分には、スピードに乗ってエリア内右へ突破したバン・デ・サンデンの折り返しを、ル・ソンメが合わせ、わずか1分間で逆転に成功した。

同点弾を決めたアンリ(右から2人目)と逆転弾アシストのバン・デ・サンデン(右端)[写真]=Getty Images

 さらにリヨンは103分、カウンターで右サイドを抜け出したバン・デ・サンデンのクロスから、ヘーゲルベルグがボレーシュートを叩き込んでリードを2点に。116分、再びエリア内右に抜けたバン・デ・サンデンの折り返しを、今シーズン限りで現役を引退するカミーユ・アビリーが流し込んでダメ押しの4点目を決めた。

アビリー

キャリア最後のCL決勝でゴールを決めたアビリー(右から2人目)[写真]=Getty Images

 試合はこのまま終了し、リヨンが延長戦の末に4-1で勝利し、史上初の3連覇を達成。単独最多5回目の欧州女王に輝いた。なお、5月31日には3年連続の3冠をかけてクープ・ド・フランス・フェミニン(女子カップ戦)でパリ・サンジェルマンと対戦する。

【スコア】
ヴォルフスブルク 1-4 リヨン

【得点者】
1-0 93分 ペルニール・ハーダー(ヴォルフスブルク)
1-1 98分 アマンディーヌ・アンリ(リヨン)
1-2 99分 ウジェニー・ル・ソンメ(リヨン)
1-3 103分 アダ・ヘーゲルベルグ(リヨン)
1-4 116分 カミーユ・アビリー(リヨン)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る