2018.04.26

先制弾のバイエルンDF、ロッベンの負傷交代を悔やむ「残念だった」

キミッヒ
レアル戦先制弾のキミッヒが敗戦を振り返った [写真]=Bongarts/Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 25日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグで、バイエルン(ドイツ)はホームでレアル・マドリード(スペイン)に1-2と逆転負けを喫した。

 先制ゴールを決めたバイエルンのドイツ代表DFジョシュア・キミッヒが試合後、心境を語った。ドイツ誌『Kicker』日本語版がコメントを伝えている。

 キミッヒは「試合前には、ここまでのチャンスが得られるなんて思ってもいなかった」と、予想よりも多くの得点機を作り出したことを明かした。だが1得点にとどまり、「自分たちはゴール前であまりにもナイーブだった。チャンスであまりに軽率にプレーしてしまったと思う」と反省点を口にした。

 またキミッヒは、元オランダ代表MFアリエン・ロッベンが開始8分で負傷交代を強いられたことに言及。「あんなにも早く交代してしまったのが残念だった。アリエンとはもっとやりやすいところがあるんだよ。彼は1対1で仕掛けていくタイプで、そこで僕にはスペースが生まれてくるんだ」とコメント。ロッベンの交代に伴ってドイツ代表FWトーマス・ミュラーが右サイドへスライドしたことについて「彼はまた別のタイプの選手だから。トーマスのプレーが悪かったという意味ではないけど、アリエンが早々に交代したのは残念ではあったよね」と語った。

 セカンドレグは5月1日、敵地で行われる。バイエルンの逆転突破は実現するだろうか。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る