2018.04.26

バイエルンに逆転勝利のレアル…勝因はジダン監督が行った“験担ぎ”にあり?

ジダン
試合前に様々な験担ぎをしていたようだ [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 25日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグで、レアル・マドリードはバイエルンに2-1と逆転勝利を収めた。敵地で先勝できた背景には、ジネディーヌ・ジダン監督が行った“験担ぎ”があったと、同日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 レアル・マドリードは昨シーズンのCL準々決勝でもバイエルンと対戦。当時もアウェイでのファーストレグを2-1で制した。同紙によると、ジダン監督はその良いイメージを壊さないよう、1年前とまったく同じことをして今回の一戦に臨むことを希望したという。

 実際、レアル・マドリードは昨年と同じホテル「ヒルトン・ミュンヘン・パーク」に宿泊。さらに、遠征時に使用する飛行機の乗組員についても、昨年同様のメンバーで構成するよう航空会社に要請したそうだ。

 また、試合前日に行われた公式会見には、選手代表としてドイツ代表MFトニ・クロースが出席。これも1年前と同じ人選だった。

 そうして迎えた本番で、レアル・マドリードは黒一色のセカンドユニフォームを着用してプレー。今大会を振り返ると、同クラブはパリ・サンジェルマンとの決勝トーナメント1回戦で白のファーストユニフォームを、ユヴェントスとの準々決勝ではスカイブルーのサードユニフォームを各アウェイゲームで着用していた。バイエルンは今回の試合で赤一色のユニフォームを着用したため、“白”や“スカイブルー”のユニフォームを選択しても良かったが、ジダン監督はやはり昨シーズンの対戦時と同じカラーで戦うことにこだわったという。

 指揮官の徹底したこだわりが功を奏し、レアル・マドリードは1年前と同スコアで勝利。逆転で先勝するという試合展開まで全く同じだった。ジダン監督は大一番で、再び“勝負師”としての真価を見せつけたと言えるだろう。

(記事/Footmedia)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング