2018.04.12

勝負を決めたPKを獲得したL・バスケス、判定に「議論の余地はない」

ルーカス・バスケス
勝負を決めたPKを獲得したL・バスケス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグが11日に行われ、レアル・マドリードとユヴェントスが対戦。レアル・マドリードは1-3で敗れたが、2試合合計4-3で準決勝進出を決めた。試合を決めたPKを獲得したスペイン代表FWルーカス・バスケスが、試合を振り返った。11日、イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』が伝えている。

 アウェイで行われたファーストレグを3−0で勝利し、圧倒的優位で迎えたセカンドレグだが、3失点を喫し一時同点に。しかし、後半アディショナルタイムにL・バスケスがPKを獲得し、これをポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが決めて8年連続のベスト4進出を決めた。

 PKの場面を振り返ったL・バスケスは「あれはPKだったよ」と語り、次のように続けた。

「僕がボールに触った時にセンターバックが後ろからやってきて、僕を倒したんだ。議論の余地はないと思う。(ユヴェントスの選手たちが抗議したのは)普通のことだよ。試合終了間際だったからね」

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
46pt
バルセロナ
43pt
セビージャ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
48pt
ラツィオ
46pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング