2018.04.12

リヴァプール指揮官、ローマの大逆転突破に驚き「冗談だと思った」

クロップ
CL準決勝進出を決めたクロップ監督 [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 チャンピオンズリーグ(CL)で10年ぶりの準決勝進出を果たしたリヴァプールのユルゲン・クロップ監督。プレミアリーグ優勝目前のマンチェスター・Cを撃破した指揮官は、同時刻開催のCL準々決勝セカンドレグでローマが大逆転突破を果たしたという一報をすぐには信じることができなかったようだ。11日付のイタリアメディア『スカイスポーツ』が報じている。


 リヴァプールは10日、アウェイで行われたCL準々決勝セカンドレグで、マンチェスター・Cに2-1と勝利。ホームで3-0と快勝したファーストレグに続いてマンチェスター・Cを破り、10年ぶりの準決勝進出を決めた。

 プレミアリーグでは後続を大きく引き離し、優勝決定が目前に迫っているマンチェスター・Cを連破したクロップ監督。準決勝進出を決めた直後、同時刻開催のもう1試合、ローマバルセロナの結果を知ったという。

ローマが準決勝に進出したことを、試合後にロッカールームへ向かう途中のトンネルで知らされた。その時は冗談だと思ったんだよ」

ローマに失礼な振る舞いをするつもりはない。素晴らしいチームだ。でも、この巻き返しは予想していなかったよ。それに(モハメド)サラーを手放した中で成し遂げたのだから」

 今シーズン、リヴァプールに加入したエジプト代表FWモハメド・サラーが昨シーズンまで所属していたのがローマだ。クロップ監督の下、加入1年目ながらCLでの8得点を含む公式戦通算39得点を記録し、大活躍中の同選手を放出したローマが、今回の逆転劇を果たしたことに驚きを隠せない様子だ。

 リヴァプールローマが準決勝で激突するのか、それとも両クラブがさらに勝ち進み、キエフ(ウクライナ)のオリンピスキ・スタジアムで欧州王座をかけて戦うことになるのか。準決勝の組み合わせ抽選会は、13日の日本時間21時から行われる。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
49pt
レスター
39pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
29pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
35pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング