2018.04.12

CLベスト4決定…王者レアル、リヴァプール、ローマ、バイエルンが進出!

17-18シーズンのCLベスト4が出揃った [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の全試合が11日に終了し、準決勝進出の4クラブが出揃った。

 ローマがバルセロナを倒してCL初のベスト4に入った。第1戦はホームのバルセロナが4-1で快勝したが、突破絶望的と見られていたローマはホームでの第2戦で3-0の完封勝利。バルセロナ相手に、相手の攻撃陣を封じつつ3点差を追い付く快挙を達成し、アウェイゴール差により逆転での準決勝進出を果たした。まさかの逆転を許したバルセロナは3年連続ベスト8敗退となった。

 プレミアリーグ勢対決は、リヴァプールがマンチェスター・Cに2戦合計5-1で完勝した。リヴァプールはホームでの第1戦で3-0の完封勝利を収めると、第2戦では開始直後に反撃を受けたが、FWモハメド・サラーとFWロベルト・フィルミーノのゴールで逆転勝利。連勝で10年ぶりの準決勝に駒を進めた。

 連覇王者レアル・マドリードは、ユヴェントスに追い詰められたが、エースの劇的弾で8年連続のベスト4進出を決めた。第1戦はレアルが敵地で3-0の完勝。第2戦ではユヴェントスが敵地で驚異の追い上げを見せて3点を返す。だが、ほぼラストプレーでレアルがPKを獲得し、ユヴェントスは猛抗議した主将のGKジャンルイジ・ブッフォンが一発退場。このPKをクリスティアーノ・ロナウドが決め、レアルはホームで敗れたものの、2戦合計4-3で突破し、前人未到のCL3連覇にまた一歩近づいた。

 バイエルンはセビージャを破ってCL準決勝進出を決めた。バイエルンは敵地での第1戦で2-1の逆転勝利を収め、ホームでの第2戦はスコアレスドローで終了。2戦合計2-1で2年ぶりにCL4強に名を連ねた。

 なお、準決勝の組み合わせ抽選会は4月13日に開催され、ファーストレグは4月24日と同25日に、セカンドレグは5月1日と同2日に行われる。

■CLベスト4進出クラブ
レアル・マドリード(スペイン)
リヴァプール(イングランド)
ローマ(イタリア)
バイエルン(ドイツ)

■準々決勝の結果
▼ファーストレグ
ユヴェントス 0-3 レアル・マドリード
セビージャ 1-2 バイエルン
リヴァプール 3-0 マンチェスター・C
バルセロナ 4-1 ローマ

▼セカンドレグ
ローマ 3-0(2試合合計:4-4) バルセロナ ※アウェイゴール差でローマがベスト4進出
マンチェスター・C 1-2(2試合合計:1-5) リヴァプール
バイエルン 0-0(2試合合計:2-1) セビージャ
レアル・マドリード 1-3(2試合合計:4-3) ユヴェントス

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
ヘルタ・ベルリン
10pt
バイエルン
9pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る