2018.04.12

納得の顔ぶれ?…バルサのテア・シュテーゲンが選ぶ世界のGKトップ5とは

テア・シュテーゲン
バルセロナに所属するGKテア・シュテーゲン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナのドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが現役GKトップ5を明かした。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が11日に伝えた。

 4月10日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝ローマ戦前の会見に出席したテア・シュテーゲンは、記者からの「自身が選ぶ現役GKのトップ5は?」という質問に返答。スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)、ブラジル代表GKアリソン(ローマ)、ブラジル代表GKエデルソン(マンチェスター・C)の名前を挙げた。

 テア・シュテーゲンは続けて、「誰がこのなかでベストなGKかは言えないな。彼らはそれぞれ独自のクオリティを備えているからね」と順位を付けられないことを説明。さらにベルギー代表GKティボー・クルトワ(チェルシー)やコスタリカ代表GKケイラー・ナバス(レアル・マドリード)などの名前は挙げなかったが、「他にも勝負を左右する違いを作れるGKはたくさんいる」と付け加え、他のGKへのリスペクトを示している。

 すでにバルセロナでは正GKとして活躍し、チャンピオンズリーグも含めてクラブレベルで全てのタイトルを獲得したテア・シュテーゲン。今年のロシア・ワールドカップでもノイアーに次ぐナンバー2として参加することが有力視されている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
ヘルタ・ベルリン
10pt
バイエルン
9pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る