2018.04.11

「最高!」PK獲得&先制点のFWジェコ、逆転突破での準決勝進出に歓喜

サッカー総合情報サイト

 ローマのボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWエディン・ジェコが、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出に喜びを見せた。クラブ公式サイトが10日に伝えている。

 ファーストレグを1-4で落とし、逆転突破には最低でも3ゴールが必要なローマは10日、CL準々決勝セカンドレグで、ホームにバルセロナを迎えた。

 試合は開始6分、ジェコが得点を奪いローマが先制に成功。すると58分には、イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシがPKで追加点を挙げ、82分にはギリシャ代表DFコスタス・マノラスがゴールを奪った。試合はそのまま終了し、2試合合計スコアは4-4。アウェーゴール差で、ローマが準決勝進出を決めた。

 ファーストレグでは1得点を挙げ、セカンドレグでも先制点と2点目に繋がるPKを獲得する活躍をみせたジェコが歓喜のコメントを残している。

「最高だったね! 今夜のパフォーマンスでローマがどんな相手とも戦うことができることを証明したと思う。こんなに苦しんだバルセロナを見たのは初めてだ」

「多くの人は、ローマが準決勝に進出する可能性を5%程度しかみていなかっただろう。しかし、僕たちは皆信じていたよ。今日、素晴らしい試合をやってのけた」

「今日の試合を説明するのは難しい。人々はしばしばローマのメンタリティについて話すが、強いメンタリティがなければ今夜のような試合には勝てない。僕たちはいくつかのトップチームに勝利してきている。チームの調子が良い時には、すべてが簡単だと思われているが、それは決してありえない。いつも全力で試合に臨んでいるよ」

 1983-84シーズン以来34年ぶりのベスト4進出となったローマ。逆転突破の立役者ジェコは、決勝進出に意気込んだ。

「決勝まで行きたい! (ローマの準決勝進出を)誰も信じていなかった。それでも、CLベスト4に進んだんだ。CLは非常に厳しい相手が多い。バルセロナもそうだった。ローマというクラブで、CLの準決勝のドローを見ることができて幸せだよ」

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る