2018.04.10

2試合で6失点のマンC…グアルディオラ監督、守備陣の変更を示唆

ジョゼップ・グアルディオラ
守備陣について語ったグアルディオラ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、守備陣の変更を示唆した。9日、イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』が伝えている。


 マンチェスター・Cは、4日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグのリヴァプール戦を0−3で敗戦。7日に行われたプレミアリーグ第33節マンチェスター・Uとの“マンチェスター・ダービー”でも、2点を先制したものの、後半に3点を奪われ逆転負け。勝てばプレミア優勝が決定する一戦で再び3失点を喫し、直近2試合で6失点と守備が崩壊している。

 このような状態で10日に行われるCL準々決勝セカンドレグを迎えるマンチェスター・C。グアルディオラ監督は、直近2試合でセンターバックを務めていたアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディと、ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニのコンビを変えることについては「もしかしたらね」と変更を示唆した一方で、オタメンディへの信頼についても語った。

「明日(10日)何をしなければならないかは分かっているし、彼らが何をしたいのかも分かっている。でもニコ(ニコラス・オタメンディ)のような人には寄り添うことしかできない。彼は素晴らしいクオリティを持っているだけではなく、強いメンタリティも持っているからね」

「もちろん、彼は3失点していることを背負わなければならない。だが、我々は今(CLでは)準々決勝にいて、プレミアリーグでは13ポイントも差をつけて首位を走っている。このような理由でニコが重要なんだよ」

 また、欠場する試合が続いているイングランド代表DFジョン・ストーンズについては、ケガをするリスクがあるから慎重に起用していることを明かした。

「彼はハムストリングを痛め、6〜8週間離脱していた。戻ってきた時には、少し自信を失っていた。マンチェスター・U戦の前には、再び少し問題があり、完璧ではなかった。だから、リスクを背負うことはしたくなかった。私が彼を信頼していることは、彼も分かっていると思う。このような状況を打破できるのは彼次第だ」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング