2018.04.06

第1戦は累積で欠場…ピアニッチ、逆転突破を諦めず「全てが起こりうる」

ピアニッチ
ファーストレグは累積警告により欠場したピアニッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードとのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグを累積警告により欠場したボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表MFミラレム・ピアニッチが、勝ち抜けを諦めていないことを明かした。イタリアメディア『Sky』が5日に報じている。

 ピアニッチは、同メディアのインタビューで0-3と完敗を喫したファーストレグを振り返り「結果は残念なものだが、アッレグリ監督は我々に『前に進まなければならない』と言った。チャンスを作ったが、相手GKがとても素晴らしかった。C・ロナウドは見事な2点を決めたよ。僕らは少なくとも1点は獲れても良かった。だけど、ゴールに嫌われたね。あのように敗れたことは残念でならない」と悔しさを覗かせた。

「ベネヴェント戦に向けて戦う準備はできている。それからマドリードに乗り込む。勝ち向けを目指して戦う。ファーストレグの結果により勝ち抜けは厳しくなっているが、サッカーでは全てが起こりうるものだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る