2018.02.27

来季CLではVAR導入せず…UEFA会長「いいシステムだが急ぐべきでない」

VARシステム
スタジアムのスクリーンに表示された「VARシステム使用中」のメッセージ [写真]=Corbis via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長は、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)システムを導入しない考えを明かした。イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 VARはすでにブンデスリーガやセリエAなどのリーグで導入済み。ゴールシーンや退場にまつわるシーンなど、試合結果に影響する場面の判定に使用されるが、誤審を減らせるとの一方で、試合結果を“操作”したという疑惑が浮上するなど、まだ課題が多いのも現実だ。

 チェフェリン会長は現時点では導入するには早すぎると考えているようで、現場に混乱を招いてしまうとの懸念を示した。

「ファンはVARのスクリーンを見ていても、それがどのように判定に影響しているのかを理解していないのが現実。いいシステムだとは思うが、急ぐべきものではない。来シーズンのCLでは導入しないつもりだ」

 VARシステムに関しては、25日に行われたプレミアリーグ第25節のマンチェスター・Uとチェルシーの一戦でも、85分にチェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタがゴールネットを揺らしたシーンがオフサイドと判定されてノーゴールとなったため、チェルシーのアントニオ・コンテ監督がVARの導入を求めるなど、様々な議論が交わされている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る