2018.02.15

PSGに逆転したレアル…2得点のC・ロナウド「これがCL、僕達には経験がある」

クリスティアーノ・ロナウド
PSG戦で2ゴールを決めたC・ロナウド [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦の屈指の好カードで、パリ・サンジェルマン(PSG)に3-1で先勝したレアル・マドリード。2得点を決めて勝利に貢献したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、試合後のインタビューで喜びの声を上げた。

 C・ロナウドはこの日、33分に先制点を奪われて迎えた前半終了間際の45分、ドイツ代表MFトニ・クロースが獲得したPKにより同点弾を決める。すると、我慢の展開となった後半も、終盤の83分にスペイン代表MFマルコ・アセンシオのクロスのこぼれ球を押し込んで逆転弾を決めた。

 続く86分のブラジル代表DFマルセロのゴールにより、2点差を付けて試合を終えられたことを、「あの1点は大きかった。これは重要な勝利だ」と振り返ったC・ロナウドは、ホームでの逆転勝利に満足感を表した。

「これがCLだ。僕達には経験がある。今日は良い形で試合に入ったにも係らず、先にゴールを奪われてしまった。だが、試合は90分続くので、僕達はホームで良い試合をすることに集中し、それが逆転に繋がった。最後の2つのゴールにより、セカンドレグに向けて大きなアドバンテージを握ることができた」

「PSGが前線に優れた選手を揃えた非常に危険なチームであることは分かっていた。それゆえ、プレシャーを掛けてボールを奪わなければならないと考えていた。前半はそれが上手くできたと思う。不運にも先に失点してしまったけれども、ハーフタイム目前で追い付けたのは完璧だった。逆に後半は少し受けに入ってしまったが、最終的に良いプレーで相手を上回るチャンスを作れた」

 C・ロナウドは一方、チームを勝利に導くゴールを自賛しながらも、セカンドレグに向けて気を引き締めた。

「ゴールを決めてチームが勝つのは、いつだって特別なことだ。今日はまさにその形になったね。だが、まだ勝負は決しておらず、慢心はしてはならない。それゆえ、パリには勝利することだけを考えて向かう。落ち着いてプレーするためにも、次のラウンドに進むためのも、ゴールを奪うことが求められる」

 10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第23節のレアル・ソシエダ戦での今シーズン初のハットトリックに続き、この日も2ゴールを挙げるなど、いよいよ点取り屋としての本領を発揮してきたC・ロナウド。来月6日に行われるセカンドレグでも、グループステージから8戦連発となるゴールを決められれば、レアル・マドリードの準々決勝進出は自ずと見えてくることだろう。

文=北村敦

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る