2018.02.15

PSG、エメリ監督はPK判定に不満「審判が私たちを助けなかった」

ウナイ・エメリ監督
パリ・サンジェルマンのウナイ・エメリ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パリ・サンジェルマン(PSG)のウナイ・エメリ監督が1-3で敗れたチャンピオンズリーグ(CL)レアル・マドリード戦のPK判定に不満を漏らした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 14日にCL決勝トーナメント1回戦ファーストレグが行われ、PSGは先制したが、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに2得点を奪われるなどして1-3で敗れた。

 試合では、PSGは1回PKを与え、1回の疑惑のハンドを見逃された。まずは1-0で迎えた45分、ドイツ代表MFトニ・クロースがペナルティーエリア内で倒されPK判定。これをC・ロナウドに決められ試合は振り出しに戻った。54分にはフランス代表MFアドリアン・ラビオのシュートをペナルティーエリア内でスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが腕にあたるような形でシュートをブロックしたが、これはPK判定にはならなかった。試合後、エメリ監督はインタビューに応じ不満を見せた。

「チームはよくやったよ。私たちはより良い結果を得るに値したが、審判が私たちを助けなかった。審判のPK判定はあまり明確ではなかったし、(セルヒオ・)ラモスのハンドは明らかにPKだろう。審判は私たちを傷つける判定を下した」

 パリ・サンジェルマンは17日にリーグ・アンでストラスブールと対戦予定。レアル・マドリードとのセカンドレグは3月6日に行われる。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
セビージャ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
48pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング