2018.02.07

レアルに痛手…カルバハルがCLパリSG戦出場できず、2試合の出場停止処分

ダニエル・カルバハル
PSG戦に出場できないことが明らかになったダニエル・カルバハル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 UEFA(欧州サッカー連盟)上訴委員会は6日、レアル・マドリードの上訴を却下し、スペイン代表DFダニエル・カルバハルに下された2試合の出場停止処分を確定。そのため、カルバハルはチャンピオンズリーグ(CL)パリ・サンジェルマン(PSG)戦のファーストレグに出場する事が出来ないこととなった。米メディア『ESPN』が報じている。

 12月7日、UEFA規律委員会は11月21日に行われたCLグループリーグ第5戦のAPOEL戦でカルバハルが累積警告を清算するために故意に遅延行為を行ったとして2試合の出場禁止処分を命じていた。

 レアル・マドリードはカルバハルに下された出場停止処分が1試合分軽減される事を目的に不服申し立てを行っていたが、その願いは叶わなかった。カルバハルは既に消化試合となったCLグループリーグ最終節のドルトムント戦で既に1試合目の出場停止処分を終えている。そのため、2月14日に行われるホームでのPSG戦で処分を消化する予定だ。

 カルバハルは3月6日のアウェイでのPSGとのセカンドレグでCLに出場可能となる。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る