2018.02.06

CLで古巣対決が実現…ベッカム氏、レアルとPSGのどちらを応援?

ベッカム氏がレアルとPSGの対戦について語った [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 元イングランド代表MFのデイヴィッド・ベッカム氏が、チャンピオンズリーグ(CL)で実現した古巣同士の対戦を前に、自身の思いを語っている。大手メディア『beIN スポーツ』での発言を、スペイン紙『アス』が5日付で伝えている。

 CLは今月から決勝トーナメント1回戦がスタートする。14日にはレアル・マドリードパリ・サンジェルマン(PSG)の強豪対決が実現。ベッカム氏は2003年から4年間に渡ってレアル・マドリードに所属し、同クラブ退団後はロサンゼルス・ギャラクシーやミランでのプレーを経て、パリ・サンジェルマンを現役最後のクラブに選んだ。

 両クラブでのプレー経験を持つことから、インタビューでは古巣同士の対戦についても話が及んだ。質問を受けたベッカム氏は「どちらを応援するかを選ぶのはとても難しいことだ。僕は両方のクラブを愛しているからね」と心境を明かした。

 さらに「レアルでは素晴らしい4年を過ごすことができた。またパリでは在籍期間が短かったとはいえ、リーグ優勝を経験できたことが大きかった」と、両クラブでの思い出を振り返り、「パリもレアルもファンが素晴らしいんだ」と、双方への愛情を示していた。

 また、試合展開については「ハードな試合となるだろう」と予想。「パリはトップフォームで試合を迎えることになるだろうけど、レアルはこのコンペティションを得意としているんだ」と、理由を明らかにしている。

「こうした試合での偉大な選手たちは、自分自身の持っているものを上回るパフォーマンスを見せる。見る者にとっては、楽しくて素晴らしい試合になるだろう」とも語ったベッカム氏。まずは今月14日、レアル・マドリードのホームでファーストレグが行われる。レアル・マドリードパリ・サンジェルマンの激突、目が離せない戦いとなりそうだ。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る