2017.12.12

「グループ2位でも悪くなかった」バイエルンの選手たちがCL組分けに言及

バイエルン
CLの組み合わせに言及したアリエン・ロッベン(左)とトーマス・ミュラー(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 11日に行われ、世界中のサッカーファンの注目を集めたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントの抽選会。この結果を受け、バイエルンの選手たちがコメントを発表している。ドイツメディアの『スカイ』が同日に報じている。

 バイエルンとドイツ代表でセンターバックを担うニクラス・ズーレは、グループリーグでは同組で1位になり、初戦でレアル・マドリードと対戦することになったパリ・サンジェルマンを見ながらくじ運の良さを喜んだ。

「結果的には、グループリーグで2位でも悪くなかったね。良いクジを引いたと思うよ。ホームで迎える第一戦で良い結果を残さないといけない。ベジクタシュは良いチーム。それはグループリーグでも見て取ることができた」

 元オランダ代表のアリエン・ロッベンは、欧州トップレベルの長いキャリアを誇りながらも、ベジクタシュとの対戦は初めてだと言う。

「良いチャレンジだね。実はこれまでで、一度もベジクタシュとは対戦したことがないんだ。僕らは良い準備をして、慎重にならいといけない。トルコでの試合の雰囲気はいつも凄いからね。それに向けて心の準備をしておかないと。まずは、ホームでの第一戦でベスト8進出に向けて有利になるような結果を出さないといけない」

 バイエルンで11年目を迎えるドイツ代表FWトーマス・ミュラーも同様に、ベシクタシュに警戒心を強めた。

「ライプツィヒとの試合を観ていたよ。ホームでの試合では、ライプツィヒの選手たちも気圧されていたね。メンバー表だけ見れば、僕らのほうが良いチームなのは認めるけれど、まずは2試合を戦って証明して見せないといけない。ホームの試合では絶対に失点をしてはいけないし、良い結果を出さないといけない」

 ベジクタシュの指揮経験がありドイツの伝説的な監督であるクリストフ・ダウム氏は、バイエルンが本命と前置きをしながらも、第一戦目での勝利が最も重要になると語ると、最後に両チームのサポーターが試合に大きく影響を与える可能性に言及した。

「世界で最も騒がしいファンたちが待ち受けている。あそこではセンセーションが起こりうる」

 下馬評ではバイエルンが有利だが、サッカーでは何が起こるか分からない。2月20日に迎える第一戦に向けて、選手たちも心の準備を始めているようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る