2017.12.07

CL史上初“グループステージ6戦連発”のC・ロナウド「CLでゴールすることが大好き」

C・ロナウド
ドルトムント戦で得点したC・ロナウド [写真]=VI Images via Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 レアル・マドリードは6日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ最終節のドルトムント戦に臨み、3-2の勝利を飾った。エースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの試合後のコメントを、同日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 この試合でのC・ロナウドは、12分にペナルティエリア外から右足で華麗なゴールを記録。チームの2点目を記録すると共に、大会史上初となる「グループステージ全6試合でゴール」を達成した。この試合での1ゴールによって、今大会の通算得点数は9ゴールに到達。パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールら5選手と3ゴールの差をつけ、得点ランキングのトップを独走している。

 試合後のインタビューを受けたC・ロナウドは、「僕は幸せを感じている」とコメント。「チームの勝利に貢献でき、ゴールは素晴らしいものだった。記録を達成できたわけだが、これも重要なことなんだ」と満足感を示した。

 また同選手は、「僕にとってCLは、プレーやゴールすることが大好きなコンペティションなんだ」と相性の良いCLに対する愛着を吐露。一方で、「重要なのはグループステージを突破することであったし、僕たちはこのコンペティションで再び優勝を飾りたいと思っている。レアル・マドリードが大会3連覇を達成できることを願っているよ」と語り、チームの目標達成への意欲を示している。

 CLの歴史に再びその名を刻んだC・ロナウドは、7日に発表されるバロンドールの最有力候補とされている。今シーズンは不調が叫ばれている同選手だが、通算5度目のバロンドール受賞という“新たな栄誉”が加わることで、完全復調への弾みとすることはできるのだろうか。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る