2017.11.24

「目を覚まさなければ…」コウチーニョ、セビージャ戦での後半を悔いる

コウチーニョ
後半、皆がスイッチを切ってしまったと語るコウチーニョ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールに所属するブラジル代表FWフィリペ・コウチーニョがチャンピオンズリーグ(CL)の同点劇を振り返り、反省の意を述べた。23日付でクラブの公式サイトが伝えている。

 CL・グループステージ第5節が21日に行われ、リヴァプールは敵地でセビージャと対戦した。前半に圧倒的な強さを見せて3-0で折り返したリヴァプールだったが、後半に失速。セビージャに立て続けに得点を許し、3-3で引き分けた。

 コウチーニョは後半の失速について言及し、「負けたような気分だった」と悔しさを口にしている。

「前半は素晴らしいプレーを見せることができたと思う。しかし、後半は相手にすべてを崩されて、結果を得ることが出来なかった。すごくフラストレーションが溜まった試合だったし、負けたような気さえしたね」

「前半のように後半も気持ちを整えて、プレーすべきだった。3-0では相手も向かってこないだろうと過信して、全員が少しずつスイッチを切ってしまったんだ。もう一度、皆で目を覚ます必要があると感じるよ」

 セビージャに勝てばグループステージ突破が決まるリヴァプールだったが、この結果により、最終節に持ちこしとなった。最終節は12月6日に行われ、スパルタク・モスクワをホームに迎える。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る