2017.11.23

カルバハルが意図的なイエローか UEFAが調査を開始…出場停止処分も

カルバハル
CLでのカルバハルの行動をUEFAは疑問視しているようだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFダニエル・カルバハルが意図的に警告を受けた恐れがあり、欧州サッカー連盟(UEFA)が調査を行う模様だ。イギリスメディア『BBC』が22日付で伝えている。

 レアル・マドリードは21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節アポエル戦に6-0のスコアで大勝。H組を2位通過でCL・トーナメント出場を決めた。

 この試合でのカルバハルの行動が問題となっている。アポエル戦で同選手は遅延行為によってイエローカードを受けていた。これによって、CLで通算3枚目のイエローカードを受けた同選手は第6節のドルトムント戦に累積警告で出場できない。

 しかし、UEFAはカルバハルが意図的に警告を受けたのではないかと疑問視。トーナメント戦を前に累積警告のリセットを図ったのではないかと指摘されている。調査によって有罪判決が下された場合、同選手は罰金や数試合の出場停止処分を受ける可能性があるようだ。

 レアル・マドリードは2010年にも同様に、当時の指揮官ジョゼ・モウリーニョ監督がスペイン代表DFセルヒオ・ラモスと元スペイン代表MFシャビ・アロンソに故意に警告をもらうように指示したとして有罪判決が下された。この判決によって、モウリーニョ監督はUEFAから1試合の退席処分と罰金処分、両選手は罰金処分を受けている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る