2017.11.23

バルサとチェルシーが決勝T進出…アトレティコは初勝利で望みつなぐ/CL・GS第5節

チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節2日目が行われた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節の2日目(グループA~D)が22日に各地で行われた。

 グループAで4連勝のマンチェスター・Uは引き分け以上で首位通過が決まっていたが、敵地でバーゼルに終了間際の1発を浴び、0-1で敗戦。今大会初黒星を喫し、突破は最終節に持ち越しとなった。

 グループBでは、すでに突破を決めているパリ・サンジェルマンがセルティック相手にゴールラッシュで無傷の5連勝を飾った。開始わずか1分に先制を許したが、ネイマールが9分と22分にゴールを挙げてあっさり逆転。28分にはエディンソン・カバーニ、35分にはキリアン・ムバッペが追加点を決め、前半の内に3トップが揃い踏み。後半にも3ゴールを加え、7-1の大勝を収めた。

 グループCでは、チェルシーが突破を決めた。カラバフとのアウェイ戦で開始19分にウィリアンがエリア内で倒されてPKを獲得。このプレーでカラバフの主将DFラシャド・サジゴフが一発退場となった。チェルシーはこのPKをエデン・アザールが決めて先制すると、36分にはウィリアンが追加点。後半の73分にセスク・ファブレガスがPKを決め、85分にもウィリアンがダメ押しゴールを挙げて、4-0で勝利した。

 グループCのもう1試合では、未勝利で3位のアトレティコ・マドリードと首位のローマが対戦。アトレティコは69分にアントワーヌ・グリーズマンがアクロバティックな左足ボレーで先制点を決めると、83分にはローマDFブルーノ・ペレスが2枚目のイエローカードを受けて退場となり、数的有利になる。直後の85分にはグリーズマンのアシストからケヴィン・ガメイロが追加点を決めて勝負あり。アトレティコが2-0で今大会初白星を収めた。なお、この結果、グループCはチェルシーが首位に浮上。2位に後退したローマと勝ち点差2になったアトレティコが突破に望みをつないだ。

 グループDでは、バルセロナがユヴェントスとスコアレスドローに終わったが、首位通過が決定。一方のスポルティングはホームでオリンピアコスに3-1で勝利を収め、3位以上を確定させた。

■CL・GS第5節結果(A~D組)
▼グループA
CSKAモスクワ 2-0 ベンフィカ
バーゼル 1-0 マンチェスター・U

▼グループB
パリ・サンジェルマン 7-1 セルティック
アンデルレヒト 1-2 バイエルン

▼グループC
カラバフ 0-4 チェルシー
アトレティコ・マドリード 2-0 ローマ

▼グループD
スポルティング 3-1 オリンピアコス
ユヴェントス 0-0 バルセロナ

■CL・GS第5節順位(A~D組)
(☆=決勝トーナメント進出決定)
▼グループA
1位 マンチェスター・U(勝ち点12/得失点差8)
2位 バーゼル(勝ち点9/得失点差4)
3位 CSKAモスクワ(勝ち点9/得失点差-1)
4位 ベンフィカ(勝ち点0/得失点差-11)

▼グループB
1位 パリ・サンジェルマン(勝ち点15/得失点差23)☆
2位 バイエルン(勝ち点12/得失点差5)☆
3位 セルティック(勝ち点3/得失点差-12)
4位 アンデルレヒト(勝ち点0/得失点差-16)

▼グループC
1位 チェルシー(勝ち点10/得失点差8)☆
2位 ローマ(勝ち点8/得失点差2)
3位 アトレティコ・マドリード(勝ち点6/得失点差1)
4位 カラバフ(勝ち点2/得失点差-11)

▼グループD
1位 バルセロナ(勝ち点11/得失点差6)☆
2位 ユヴェントス(勝ち点8/得失点差0)
3位 スポルティング(勝ち点7/得失点差1)
4位 オリンピアコス(勝ち点1/得失点差-7)

■CL・GS第6節対戦カード(12月5日)
▼グループA
マンチェスター・U vs CSKAモスクワ
ベンフィカ vs バーゼル

▼グループB
セルティック vs アンデルレヒト
バイエルン vs パリ・サンジェルマン

▼グループC
ローマ vs カラバフ
チェルシー vs アトレティコ・マドリード

▼グループD
オリンピアコス vs ユヴェントス
バルセロナ vs スポルティング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る