2017.11.22

不調の両ストライカーがアベック弾…レアルFWベンゼマ「批判を変えてみせる」

ベンゼマ、C・ロナウド
不振の両ストライカーが揃ってゴールを決めた [写真]=Real Madrid via Getty Image

 21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節でAPOELに6-0で圧勝したレアル・マドリード。敵地で格下を一蹴し、トッテナムに続くグループHの2位で決勝トーナメント進出を確定させた一戦では、不調に喘いでいたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとフランス代表FWカリム・ベンゼマのアベック弾が多くの話題をさらった。その一方で、揃って2ゴールを決めた両選手の試合後の反応は対照的なものとなっている。

 リーガ・エスパニョーラでは8試合で1ゴールと、決定力不足を非難されているC・ロナウド。だが、CLでは5試合で8ゴールと、得点ランキングの首位を走っている。相性の良いCLで得点を伸ばしたエースだが、メディアに対する不信感が相当積もっているようで、試合後のミックスゾーンでは取材を拒否。不機嫌な態度で捨て台詞だけを残して去って行った。

「僕が何かを言うと、君達は別の事を言う。君達に何かを話すと、翌日には言ってもいない事が記事になっている。そんな状況で、どうやって話をすればいいと言うのだ」

 一方、この試合が始まる前までは、リーガでは8試合で1ゴール、CLでは2試合でノーゴールと不振を極めていたベンゼマ。「自分はストライカーなのでゴールを決めたい。だが、ゴールが全てではない」と釘を刺しながらも、充実感を見せながら前向きなコメントを残した。

「批判を受けるのは、僕にとって人生の一部のようなものだ。だが、ゴールにアシスト、それ以外の役割で批判を変えてみせる。自分にはそれだけの力があるし、これからはかつてないほどのプレーを見せられると思っている」

 C・ロナウドとベンゼマのゴールを特に喜んでいるのはジネディーヌ・ジダン監督で、試合後の会見では両ストライカーへの変わらぬ信頼を寄せている。

「ロナウドとベンゼマの活躍を嬉しく思っている。彼らは素晴らしい選手なので、いずれゴールが訪れるのは分かっていた。今後もハードワークを続けてくれることだろう」

 得点力の高い選手を数多く擁するレアル・マドリードだが、やはりストライカーがしっかりゴールを決めるのが理想的だ。宿敵バルセロナに10ポイント差を付けられたリーガで巻き返しを図るためにも、C・ロナウドとベンゼマにはアベック弾の連発に期待したい。

文=北村敦

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る