2017.11.18

チェルシーDFリュディガー、人種差別を訴えるもUEFAは調査打ち切りに

アントニオ・リュディガー
人種差別被害を訴えたリュディガー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 欧州サッカー連盟(UEFA)規律委員会は17日、チャンピオンズリーグ(CL)の一戦で人種差別的なチャントがあったとして調査を行っていたが、証拠不十分で調査終了となったことを発表した。

 問題となっていたのは10月18日に行われたCLグループリーグ第3節ローマ対チェルシーの一戦。引き分けに終わったこの試合で、今夏ローマからチェルシーに移籍したドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが「相手サポーターから人種差別的なチャントを受けた」としてUEFAに訴えていた。

 UEFA規律委員会はローマに対して調査を行っていたものの「十分な証拠は見つからなかった。UEFAは調査を終了する決定を下した」と声明を発表し、調査の打ち切りを決定した。これにより、ローマが処罰をうける可能性はなくなったようだ。

 ブンデスリーガ、セリエA、プレミアリーグと複数の国でプレーしたリュディガーは「特にイタリアでは、人種差別は非常に深刻な問題だ」と語り、人種差別問題に不快感を表していた。

 

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る