2017.11.02

トッテナム指揮官、レアル戦で2ゴールのアリを絶賛「クオリティを発揮した」

トッテナムのデレ・アリ
レアル戦で2ゴールの活躍を見せたデレ・アリ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トッテナムの指揮官を務めるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が同チームに所属するイングランド代表MFデレ・アリを称賛した。11月2日付のイギリス紙『デイリースター』が伝えている。

 アリは11月1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節のレアル・マドリード戦で2ゴールを記録し、勝利に大きく貢献した。ポチェッティーノ監督は試合後アリについて「彼のクオリティを存分に発揮してくれた」と称賛のコメントを残した。

 アリは昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグのヘント戦で一発退場となり、UEFA(欧州サッカー連盟)からUEFA主催大会の3試合出場停止処分を言い渡されていた。そのため、アリはここまでのCL3試合を全て欠場し、レアル戦で今シーズンのCL初出場を果たしていた。ポチェッティーノ監督はアリがここまで出場停止処分を受けていたことにも触れつつ、以下のように続けた。

 「ここまでの試合を欠場していたため、彼にとって今日は今シーズンのCLデビュー戦だ。とても高いモチベーションを持って試合に臨んでいたね。結果として、レアル・マドリード相手に2ゴールを記録した。私にとってだけでなく、彼にとっても忘れられない試合になっただろう。毎日彼のプレーの質は向上していると感じている」

 最後にポチェッティーノ監督は、トッテナムがCL決勝トーナメントの進出を決めたことについても言及した。「とても嬉しいよ。クラブにとっても、ファンにとっても素晴らしい夜になった」

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る