2017.11.01

バルサが“5年ぶり”のノーゴール…オリンピアコスに苦戦しドローで4連勝逃す

メッシ
メッシはフル出場したが、ノーゴールでチームを勝利に導けなかった [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節が10月31日に行われ、グループDでオリンピアコスとバルセロナが対戦した。

 3連勝で首位に立つバルセロナ。試合の主導権を握るものの、なかなかチャンスを作れない。35分には、エリア前中央からのFKで、リオネル・メッシが左足を振り抜くが、枠の右上隅を捉えたシュートはGKのファインセーブに遭う。

 一方のオリンピアコスはカウンターでゴールを狙う。37分、エリア内中央に走り込んだコンスタンティノス・フォルトゥニスが、左サイドからの浮き玉パスをダイレクトで叩くが、シュートに力が乗らず、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンにキャッチされた。

 前半終了間際の43分、バルセロナにアクシデントが発生。セルジ・ロベルトが右足ハムストリングの負傷でピッチを後にし、45分にジェラール・デウロフェウが送り出された。

 後半に入ってもゴールが遠いバルセロナは62分、パウリーニョを下げてイヴァン・ラキティッチを投入。直後にはエリア内右に抜け出したルイス・スアレスがGKを引きつけて中央に折り返し、メッシがシュートを放つが、わずかに枠の左に外れた。

 89分には、エリア手前中央のFKで、メッシが左足で直接狙うが、これも相手GKに弾き返された。試合はこのまま終了。バルセロナはCLグループステージで2012年12月以来、約5年ぶりのノーゴールに終わり、4連勝を逃して決勝トーナメント進出は次節以降にお預けとなった。

 次節は11月22日に行われ、バルセロナはユヴェントスと、オリンピアコスはスポルティングとそれぞれアウェイで対戦する。

【スコア】
オリンピアコス 0-0 バルセロナ

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る