FOLLOW US

“古巣”とのアウェイ戦に期待するバルサ指揮官「感情的になるだろう」

オリンピアコス戦を前に記者会見に臨んだバルベルデ監督 [写真]=Getty Images

 バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督がチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節のオリンピアコス戦を前に、期待感を口にした。イギリス紙『デイリーメール』が30日付で伝えている。

 バルベルデ監督は2008年から09年と2010年から12年までの計3年間、オリンピアコスの監督を務めた経験があり、今節は “古巣”との一戦となる。

 記者会見に応じたバルベルデ監督はオリンピアコスとの一戦について「感情的になるだろう」と クラブへの思いを述べ、楽しみにしていることを明かした。

オリンピアコスのファンたちは暖かく迎えてくれると確信している。私はいつもギリシャの人々からの敬意を感じてきた。当時はライバルチームのファンでさえ、私に良くしてくれたよ。彼らは熱狂的であると同時に、尊重の心も重んじているんだ」

「アテネのスタジアムに来ることは私にとって、心を揺さぶられる出来事だ。とても意味のあることだよ。オリンピアコスとの試合は本当に楽しみにしているんだ。また素晴らしいスタジアムの雰囲気を感じたいと思っている」

 CL3連勝と絶好調のバルセロナは今節の結果次第では、グループステージ突破の可能性がある。一方、オリンピアコスはCL3連敗を喫しており、グループステージ突破のためには勝たなくてはならない一戦だ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO