2017.10.19

バイエルン、3発でセルティック撃破…監督交代後2試合連続完封

バイエルンがホームで3得点を挙げ、セルティックに快勝した [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節が18日に行われ、グループCではバイエルン(ドイツとセルティック(スコットランド)が対戦した。

 カルロ・アンチェロッティ前監督の解任とユップ・ハインケス監督の復帰を決断し、シーズン序盤でチーム再建を図るバイエルン。新体制初陣となった14日のブンデスリーガ第7節ではフライブルクに5-0と快勝した。1勝1敗で迎えるCLグループステージ第3節では、マッツ・フンメルスやアリエン・ロッベン、トーマス・ミュラー、ロベルト・レヴァンドフスキらが先発メンバーに名を連ねている。

バイエルン

バイエルンの先発メンバー [写真]=Bongarts/Getty Images

 立ち上がりから攻勢をかけたのはバイエルンだった。開始6分にはレヴァンドフスキが敵陣右サイド深くまで突破し、グラウンダーのクロス。ファーサイドへ走り込んだチアゴ・アルカンタラが左足で押し込んでゴールネットを揺らしたが、レヴァンドフスキがクロスを送る前にゴールラインを割ったとの判定で得点は認められなかった。

 それでも17分、バイエルンが均衡を破る。右サイドからのクロスに反応したレヴァンドフスキのヘディングシュートは相手GKに阻まれたが、ミュラーがゴールエリア右側から押し込んで先制に成功した。

 バイエルンは29分、キングスレイ・コマンが敵陣左サイド深くまで突破し、マイナス気味のクロス。ペナルティーエリア右側で待っていたジョシュア・キミッヒがヘディングシュートをファーサイドへ届けて追加点を奪った。前半は2-0で終了した。

キミッヒ

追加点を決めてガッツポーズのキミッヒ [写真]=Bongarts/Getty Images

 リードで後半を迎えたバイエルンは51分、ロッベンが蹴った左CKに反応したフンメルスがヘディングシュートを突き刺して3点目。後半立ち上がりに勝利へ前進した。

フンメルス

左CKからヘディングシュートを決めたフンメルス [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 3点差が付いてからはセルティックが意地を見せて決定機を作り出した場面もあったが、ゴールを奪うことはできず。試合は3-0で終了した。

 快勝のバイエルンは今大会2勝目。ハインケス監督就任後、公式戦2試合連続の完封勝利となった。次節は31日、セルティックとのアウェイゲームに臨む。ブンデスリーガの次戦は21日、日本代表DF酒井高徳、FW伊藤達哉のハンブルガーSVとアウェイで対戦する。

【スコア】
バイエルン 3-0 セルティック

【得点者】
1-0 17分 トーマス・ミュラー(バイエルン)
2-0 29分 ジョシュア・キミッヒ(バイエルン)
3-0 51分 マッツ・フンメルス(バイエルン)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る